2017年後半夏秋にリリースされた甘デジが大集合!最も勝てる甘デジを決定!

今年2017年も折り返し地点を過ぎて、後半突入となりました。

2017年第3弾となるおすすめランキングを開始しますよ!

今回は2017年3発目ということで、後半夏秋となる7月~9月にリリースされた甘デジのランキングを決定しました!

2017年後半(7~9月)デビューした機種は、およそ20機種!

小生のパチンコ実戦ブログでは、実に15機種を解析しております。

今回ランキングに参加する甘デジは全てヘソ賞球が4個になっており、もうすっかり4個が当たり前となりましたね。

今回も前回好評だった全機種対象の総合おすすめランキングも搭載しております。

各部門をチェックしながら、総合優勝の機種を予想してみてください!

(今回は前回とは違い、なかなかの混戦となっています!)

それでは2017年後半夏秋の陣、いよいよ始まります!

スポンサードリンク

amadeji-e1453215922258


【はじめに】

『ランキング参加機種紹介』

ちなみに今回のランキングで参加する15機種は以下の通りです。

機種一覧

7月は1ヶ月通して万遍なくリリースされ、8月はお盆明けに一気に導入されましたね。

9月もシルバーウィークの影響を受けて前半と後半にリリースのタイミングがずれています。

それではこの中から、最も勝てる甘デジを決めていきたいと思います!

勝つために必要な4つの部門にて、いろいろな角度から最も勝てる甘デジを見つけていきたいと思います!


【4つの部門とランキング条件について】

部門は、勝利に欠かせない以下の4つとなります。


  • ボーダーライン部門
  • 勝率部門
  • 一撃爆発力部門
  • 5000発GET率部門

そして最後に総合おすすめランキングとなります。

ランキングについては、以下の条件下で決定されます。


  • 軍資金は甘デジ平均額と言われる、10000円とする。
  • 実戦時間は最長9時間とする。
  • 交換率は3.64円(27.5玉)交換とする。
  • 他、各部門において特記事項が存在する。

【おすすめランキング:ボーダーライン部門】

全てヘソ賞球は4個となったのですが、ボーダーラインの幅はメーカーの特色が出てくるようになりました。

あまり3個賞球との勝負はしておらず、4個賞球の中で争っているイメージですね。

それではボーダーライン部門のランキングをどうぞ!

ボーダー

『第1位:ANOTHER牙狼~炎の刻印』

甘デジでも甘めの設計となっている牙狼シリーズですが、アナザーになっても甘さは変わりませんでしたね。

唯一の18回転台となっており、他との差別化もしっかりとできているかなと思います。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

⇒参考:勝てる甘デジ解析!アナザー牙狼炎の刻印!甘デジ牙狼はボーダーが甘いスペック!

 『第2位:デジハネモンスターハンター4』

第2位は1/319でも人気のあったモンハン4がランクインとなりました。

スペックとしては北斗の甘デジのような安心スペックだったのですが、それでいてボーダーが甘いというのはなかなか熱い設計ですね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!モンスターハンター4!北斗の甘デジに似ている100%確変スペック!

 『第3位:緋弾のアリアⅡ』

第3位は、萌え系パチンコである緋弾のアリアⅡとなりました。

こちらも1/319はとても人気があったのですが、ゲーム性はそのままの転落スペックとなっています。

ボーダーを甘く設計してくれるのは嬉しい限りですね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!緋弾のアリア2!転落スペックは健在!1/99と1/239を一気に解析!

 『第4位:新夏祭りにゃ七ver』

第4位には懐かしい夏祭りのにゃ七verとなりました。

実は前回の夏祭りの甘デジもにゃ七verという名称になっていて、ゲーム性もスペックも継承していますよ!

確か前回の夏祭りはボーダー辛かったという記憶があるのですが、今回は甘くなっていますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!新夏祭りにゃ七ver!甘海に近い安心激甘スペック!

 『第4位:ドラム海物語』

第4位は2つランクインとなったのですが、やっと海シリーズがランクインしてくれましたね!

ドラムということで甘海シリーズとはちょっとゲーム性が異なるのですが、安心スペックであることに変わりありません。

ボーダーは甘いものの、スペックバランスは良いかなと思いますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!パチンコドラム海物語!甘海スペックにそっくり!1/99と1/229を一気に解析!


 【おすすめランキング:勝率部門】

10000円という上限付だった場合の勝率を争う部門です。

実戦においては上限があるのは当たり前であり、限られた資金で勝つというのは最終目的ですからね。

勝率も甘デジを打つ上では重要なファクターとなります。

勝率

『第1位:ドンキホーテ』

いきなりレジェンドがランクインとなりました!

他機種に埋もれてしまったドンキホーテが、勝率では一番に輝いているなんて、これ以上嬉しいことはありません…

甘デジでは、ライトミドルタイプよりも最高ラウンドを引きやすい設計となっているため、負けにくいスペックになっています。

第2位とは実に3%も差があるので、勝率はブッチギリのトップとなりました!

遊ばせる系のスペックになっているのは魅力的ですよね!

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!ドンキホーテ!初当りのレジェンドタイムが勝利を呼ぶ変則スペック!

 『第2位:ドラム海物語』

スペックとしては優秀なドラム海物語が、勝率においても上位にランクインとなりました。

ドンキホーテには劣るものの、トップクラスの勝率を誇っており、安心できるスペックとなっています。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!パチンコドラム海物語!甘海スペックにそっくり!1/99と1/229を一気に解析!

 『第3位:フィーバーサムライブレード』

今回のランキング唯一の1種2種タイプであり、同時に唯一の1/77タイプとなります。

もう甘デジでも1/77にする風習が失われつつあるのですが、ちょっと見直しても良いのでは?と思ったりします。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!サムライブレード!1+2種スペックで再び登場です!

 『第4位:ぱちんこ押忍!番長』

第4位にランクインしてきたのは、1/319でも一撃性能で人気を博した番長です!

甘デジではちょっとした突破型なのですが、現実的なラインとなっていて勝率にも重きを置いていたことがわかりますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!押忍!番長!一撃性能が高い本気スペックに密着!

 『第5位:新夏祭りにゃ七ver』

ボーダー部門に引き続き、勝率でもランクインとなった新夏祭り。

スペックとしては海にとても近いため、スペックとしては優秀となっています。

電サポがある程度保障されているのが勝率アップの要因かなと思いますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にしていただければと思います。

勝てる甘デジ解析!新夏祭りにゃ七ver!甘海に近い安心激甘スペック!


 【おすすめランキング(一撃爆発力部門)】

1回の連チャンで、どこまで出玉を伸ばすことができるかどうかの爆発力を競うのが、この一撃爆発力部門です。

なかなか連チャンモードに突入できない機種ほど、一撃の性能が優れているという機種の特徴を見極めるのに必要な要素となります。

それではランキングどうぞ!

一撃爆発力

『第1位:ANOTHER牙狼~炎の刻印』

栄光の第1位は、ボーダー部門に引き続きアナザー牙狼となりました!

連チャン中は突時で終わってしまうのですが、その代わり一撃性能としては高くなっており、時短での引き戻しにも期待できるのが良いですね。

意外に抜けにくい連チャンモードが一撃の秘密といっても過言ではないでしょう!

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!アナザー牙狼炎の刻印!甘デジ牙狼はボーダーが甘いスペック!

 『第2位:新夏祭りにゃ七ver』

あと僅か400発程度で1位になれるくらい、一撃性能には申し分のない新夏祭りが惜しくも第2位となりました。

甘海スペックに近いものの、実は最大ラウンドの比率が高く設計されているため、一撃性能が出やすくなっています。

連チャン性能についても、それに比例して高くなっているようです。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!新夏祭りにゃ七ver!甘海に近い安心激甘スペック!

 『第3位:デジハネモンスターハンター4』

第3位には、モンハン4がランクインとなりました!

安心スペックになったものの、実は連チャン中だと最大ラウンドの大当りの割合が50%にまでアップするため、一撃性能として高くなるのは自然のことかなと思いますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!モンスターハンター4!北斗の甘デジに似ている100%確変スペック!

 『第4位:花満開~天ノ舞~』

1/319でも人気のあった花満開ですが、ゲーム性はそのままにして甘デジとして登場しました。

確変確定となるランクアップボーナスも搭載していますし、甘デジでも1/319と同じように遊べるような工夫がされていますね。

勝てる甘デジ解析!花満開~天ノ舞!RUBがあって複雑スペックだが勝利への影響は低い!?

 『第5位:フィーバーサムライブレード』

1種2種の特性を生かし、初当りと連チャン中で出玉作りが成功したサムライブレードですが、連チャン中には継続率が上がるばかりか、最大ラウンド大当りが50%を占めており、なかなかの爆発力が見込めます!

勝てる甘デジ解析!サムライブレード!1+2種スペックで再び登場です!

Sponsored Link


【おすすめランキング(5000発GET率部門)】

5000発という、甘デジにおいて1つの目標としている出玉に到達できる頻度を競うのが、この5000発GET率部門です。

安定感を競う勝率部門、一撃性能を競う一撃爆発力部門のちょうど間に位置する部門であり、バランスが優れているかどうかがキモとなります。

甘デジにおけるバランスとは、『ある程度の出玉爆発がそれなりの頻度で出てくれる』というイメージですね。

それではランキングどうぞ!

5000

『第1位:フィーバーサムライブレード』

とても意外なのですが、第1位はサムライブレードとなりました!

連チャン中は継続率がアップ、大当り出玉がアップするという、ダブルアップとなっているのですが、それが5000発ゲットに大きく貢献しているということがわかりますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!サムライブレード!1+2種スペックで再び登場です!

 『第2位:新夏祭りにゃ七ver』

ボーダーも甘く、一撃性能も高いため、5000発ゲット率が高いのは必然とも言うべきでしょうか。

今回は甘海がない(ドラムはありますが)ため、同じようなゲーム性の新夏祭りが上位に上がってきているのかなと思います。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!新夏祭りにゃ七ver!甘海に近い安心激甘スペック!

 『第3位:ドラム海物語』

第3位には、ドラム海物語がランクインしてきました!

甘海シリーズではないため、ちょっとクセのある感じになっていますが、新夏祭りに喰らいついているようなイメージがありますね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!パチンコドラム海物語!甘海スペックにそっくり!1/99と1/229を一気に解析!

 『第4位:ぱちんこ押忍!番長』

初当りの保障と、連チャン中の大出玉比率のバランスが、5000発ゲット率におけるランクインを呼び込んでくれましたね。

甘デジで16Rを現実的に引けるような機種は、最近だと意外にありません!

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!押忍!番長!一撃性能が高い本気スペックに密着!

 『第5位:ANOTHER牙狼~炎の刻印』

ボーダーが甘いため、全体的に甘く出る傾向にあることから、アナザー牙狼もランクインとなりましたね。

スペック解析の詳細については、以下を参考にして頂ければと思います。

勝てる甘デジ解析!アナザー牙狼炎の刻印!甘デジ牙狼はボーダーが甘いスペック!


 【総合ランキング発表!】

全15機種の4つの部門のランキングが終了しました。

各部門の結果を基に、総合ランキングを発表したいと思います!

総合ランキングの基準は、以下の通りです。


  • 各部門において、1位に10点、2位に9点…10位に1点を設ける。
  • 同位だった場合は、それぞれに同じ点数を付ける。
  • 各部門で得た点数の合計を総合得点とし、ランキングを決定する。

それでは、総合ランキングの発表です!

ランキング

『第1位:新夏祭りにゃ七ver』

1位に輝いた部門は無かったものの、なんと全ての部門で5位以上のランクインを果たし、総合力で総合ランキング1位を獲得しました!

甘海シリーズが不在の中、甘海シリーズよりも高い連チャン性能が光りましたね。

三共さんの甘デジはちょっと辛いイメージがあるのですが、ボーダーも甘いことから、いろいろとプラスに働いたのではないかと思います!

勝てる甘デジ解析!新夏祭りにゃ七ver!甘海に近い安心激甘スペック!

 『第2位:フィーバーサムライブレード』

あまりヒットしなかったせいか、印象に薄いサムライブレードですが、5000発ゲット率では第1位に輝き、他の部門でも上位ランクインを果たしました。

甘デジの1種2種はなかなか難しいイメージがありますが、良い意味でサムライブレードが裏切ってくれたんじゃないかと思いますね!

勝てる甘デジ解析!サムライブレード!1+2種スペックで再び登場です!

 『第3位:ドラム海物語』

甘海シリーズまでとはいきませんでしたが、全体的に良スペックが光りましたね。

ちょっと守りに入るようなスペックであるため、一撃の爆発力が低かったのが残念です。

しかし勝率や5000発ゲット率に優れているので、打ち易いドラムになっていることは間違いないようですね。

勝てる甘デジ解析!パチンコドラム海物語!甘海スペックにそっくり!1/99と1/229を一気に解析!

 『第4位:ANOTHER牙狼~炎の刻印』

ボーダーラインと一撃爆発力の2部門で第1位となり、確かな存在感を見せつけてくれたアナザー牙狼。

一撃性能に特化させたため、勝率の部門でランクインできなかったのが痛かったですね。

しかし牙狼のイメージはやっぱり一撃性能であるので、牙狼はこれで良いと思っています。

勝てる甘デジ解析!アナザー牙狼炎の刻印!甘デジ牙狼はボーダーが甘いスペック!

 『第5位:デジハネモンスターハンター4』

アナザー牙狼を少しマイルドにしたようなスペックとなったため、全体的にアナザー牙狼に似たような特徴を持っています。

STタイプであるため、バトルではないものの、50%大出玉は思ったよりも爆発力に貢献してくれているようです!

勝てる甘デジ解析!モンスターハンター4!北斗の甘デジに似ている100%確変スペック!


 【最後に】

いかがだったでしょうか。

2017年第3発目ということでしたが、前回同様甘デジの機種数としてはちょっと少なかったかなと思います。

しかし今回は接戦であり、特に1位~4位はほとんど差がない結果となりました。

総合得点20Pt以上が今後の上位入賞の目安になるのではないかと思いますね。

どの部門からでも高いポテンシャルを秘めていないといけないため、バランスタイプが有利に働きがちですが、アナザー牙狼やモンハン4のように、どれかの部門でランク外になっても、上位に食い込むことは可能なので、これからも楽しみですね。

これからも、甘デジのビッグデータを持つブログとして、様々な機種を解析、紹介していきますので、よろしくお願いいたします!

次回開催は「2017年後半秋冬の陣(10~12月)」の予定です!

Sponsored Link