高尾『カイジ沼3(1/88&1/199)』10/1リリース!

大人気となった高尾さんのカイジ沼3ですが、待望の甘デジスペックとライトミドルスペックが同時に登場となりました。

せっかくなので、一緒に解析してみましたよ!

それでは早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク


cr_kaijinuma3

【スペック解析(1/88)】

無題

1/88の甘デジですが、ゲーム性としては1/319と変わらない初当り潜伏スペックとなっています。

1/319タイプだと初当りでの電サポはおよそ4割だったかと思いますが、なんと甘デジでは1/8しかありません。

とにかく1/8の12Rを引かないと電サポが貰えないため、ちょっとイライラしそうですが、潜伏中であれば3R確変でも電サポがつきます!

決して確変割合が高いわけではないので、電サポがもらえないまま終わるケースは続出するかと思います。

初当りも連チャン中も大当り振分けは変わりませんが、連チャン中の方が3Rが4Rになっていたり、非確変にも時短30回ついたりするので、いろいろ優遇されているのがわかります。

連チャン中は、確変割合52.5%と非確変時の時短30回の引き戻し率約28.8%を合算すると、

連チャンモード継続率は約66.2%!

なかなかの連チャン継続率となりますが、1/8の12Rをどれだけ引けるかが勝負の決め手となりそうですね。


【実戦シミュレーション(1/88)】

それでは最近新台となった、新夏祭りと弱虫ペダルと比較してみましょう!

hiaku

残念ながら新夏祭りに完敗となってしまいましたね。

初当りは1/88と甘いにも関わらず、電サポがつく条件が厳しいため、まったく安定感に欠けてしまったということです。

また新夏祭りはスペック設計が甘いため、その分一撃性能に反映されるため、強いという見方もあります。


【スペック解析(1/199)】

無題

ゲーム性としては、甘デジよりも1/319に近くなっていますね。

全体的に出玉が少なくなっており、初当りからの電サポ当りは低いものの、連チャン中の非確変の時短100回は大きいですね!

時短100回の引き戻し率は約39.5%となっていますので、確変割合59%と合算すると、

連チャンモード継続率は約75.2%!

ライトミドルスペックの中でも、なかなかの継続率を誇ります!

Sponsored Link


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!

『4円パチンコ(1/88)』

2754

2804

『1円パチンコ(1/88)』

2751

2801

『4円パチンコ(1/199)』

2754

2804

『1円パチンコ(1/199)』

2751

2801


【まとめ】

  • ついに大人気のカイジ沼3の甘デジが登場!
  • 初当りからの連チャンモード突入率が異様に低い!
  • ボーダーはとても辛いため、注意が必要です!
  • ライトミドルも同時にリリースされるので、お好みで!

Sponsored Link