『AKB2がコケた時、ヤバいと思った…』

初代必殺仕事人で注目を浴び、あのバケモノと言われたウルトラセブンで一気にブレイクを果たした京楽。

あの伝説の機種ウルトラセブンがリリースされたのは2005年ですから、もう10年の月日が流れました。

ずっとトップメーカーとして時代を牽引してきた京楽ですが、2016年に約277億円の赤字になることが決まり、非常に危ない状況となりました。

どうして勝ち続けてきたメーカーが、倒産の危機に晒されたのでしょうか。

いろいろな噂話が出ていますが、今までプラスにしか働かなかったカリスマ社長の方針が、今ではマイナスにしか働かなくなったのが原因と言われています。

今回は、京楽が倒産の危機を迎えてしまった原因を徹底研究していきたいと思います!

スポンサードリンク


決して負けることのなかった、カリスマ社長の強気な経営

kyoraku_001

京楽さんは今でこそトップメーカーとして時代を牽引してきましたが、昔は三共さんや三洋さん、西陣さんといった老舗メーカーの下に甘んじていました。

しかし新しい社長になってからは、常に新しいことに取り組み、率先して会社の方針を具体的に定めて経営に携わりました。

現社長がどれくらいカリスマなのかは、この京楽さんの公式サイトにある新機種の開発マンガを読んで頂ければ、わかるかと思います。

⇒新機種の開発マンガ(必殺仕事人4、冬のソナタ)

2005年のウルトラセブンで一気に飛躍することに成功した京楽さんは、その後の機種を全て人気機種とし、ホールからも小生らお客さんからも絶大な支持を得ました。

機種のモチーフはバラバラなのに、全てヒットさせることから、「京楽の機械は絶対大量導入すべし」とホールの方針が打ち出されるほどでした。

小生らお客さんも、京楽さんから新機種が出れば、必ず朝から並んで楽しんだものです。

闘えば必ず勝つ、連勝無敗を続けた京楽さんが、どうして倒産の危機を迎えているのか?

今まで得た噂話から小生が独自で研究してみた結果、京楽さんが犯したと思われる3つの失敗が浮かび上がってきましたので、ご紹介したいと思います。


失敗その1:利益を全て投資に回す自転車操業スタイル!?

何年もパチンコメーカーのトップに君臨していたのですから、さぞかし社員の給料は高いんだろうなと思っていたのですが、関係者の話を聞くと、意外に給料は高くありませんでした。

もちろん謙遜して安いと言ったのかもしれませんが、いろんなところから聞いても、ボーナスをたくさん貰ってるという話も聞きません。

噂によると、利益をすぐに次機種の開発費や宣伝費、あとは芸能関連への投資に使っていたらしいのです。

確かによしもと興業やAKBといった芸能関連への進出はすごかったですよね。

よしもとの場合は、いろいろな機種でちょいちょい登場させていましたから、それなりの金額を支払っていたと思います。

お客さんにとってどれだけプラスになったかはわかりませんけどね…

もしそれが本当であれば、社員に還元していないということになり、どれだけヒットさせても社員にとってのプラスはありません。

しかしヒット機種を作るという『やりがい』は得られるため、社員さんにとってはそれで良かったのかもしれませんが。

あれ、でもこれって労働力の搾取ってやつでは?と思ってしまうのは小生だけでしょうか…

また、これも噂ですが貯蓄がほとんどないため、今回の大赤字により、資金巡りに必死になっているとの話も聞きます。

今までの利益を考えれば、今回の赤字はそこまでのダメージにならずに済んだ気もするのですが、大打撃になってしまっているということは、やはり貯蓄が十分でなかったと考えられるかもしれませんね。

Sponsored Link


失敗その2:謎のターゲット層の路線変更

ヒットさせていた頃のターゲット層は明確だった

必殺仕事人、ウルトラマン、冬のソナタ、水戸黄門、仮面ライダー、美空ひばり、あしたのジョー、巨人の星、キン肉マン、アタックNO.1、ジョーズ…

これら今までヒットさせてきた機種には、ある共通点があるのですが、何だかわかりますか?

…正解は、全てターゲット層が中高年以上(おじ様、おじい様、おば様、おばあ様)となっているのです。

実は、パチンコを一番長時間打ち、そして投資金額が多い層というのは、まさしく中高年層、年配層となっています。

つまり今のパチンコを盛り上げてくれている人たちから、絶大な支持を得ていたわけです。

京楽さんがヒットさせてきた機種というのは、一見バラバラのように感じますが、実はハッキリとした狙いがあったわけですね。

中高年層、年配層からの支持があれば、自然とホールでの人気が上昇するため、他の機種よりもホールにとって欠かせない機種となります。

そうなると大事に扱わざるを得ませんから、調整も甘くなり、ますますお客さんが集まるようになります。

この関係こそが、パチンコ人気には必要不可欠な要素になるかなと思います。

それなのに!

ある機種を境に、京楽さんは中高年層や年配層をターゲットにすることをやめて、若者向けのコンテンツを探し始めました。

その機種とは、栄光と絶望を連れてきた『ぱちんこAKB48』だったのです。

初代AKBは絶大な支持を得たものの、クロユリ団地、コードギアス、よしもとタウンと、若者を狙ったかのような機種にシフトしていったのです。

シフトした機種は、今までの様に大ヒットすることなく、静かに人気が落ちていきました。

そして続編となる2代目AKB(バラの儀式)で大ゴケしてしまったわけですね。

バラの儀式をキッカケに人気に陰りが見え始めて、よしもとタウンでトドメを出してしまったかなというのが小生の所感です。

もう若者向けの構成になってしまっているので、中高年層、年配層からの支持が無くなってしまい、今に至るわけです。

どうして安定と信頼の中高年層、年配層を裏切ってしまったのか??

常に新しいことに挑戦しないと気が済まない血が騒いじゃったのでしょうかね…


果敢に攻めたパチスロも失敗…

京楽さんは、全盛期の後半となる2013年にパチンコでヒットしたAKB48をパチスロ化させることに成功します。

京楽さんのパチスロ第1弾への期待感と、AKB48の人気もあって成功を収めたものの、続いて必殺仕事人のパチスロをリリースするも失敗に終わりました。

パチンコではある程度であればコテコテの展開があっても問題のですが、パチスロはパチンコと違って若者が好む傾向にあります。

仕事人のような、大したことない演出なのに長々とリールが逆回転してしまうのは、さすがにやりすぎだなと思ってしまいますね。


失敗その3:規制対応の遅れは社長のこだわり!?

先ほどリンクを貼った開発マンガを読んで頂ければわかるのですが、機種を完成させるには、最後の工程として社長自らジャッジメントを行っています。

噂によれば、このジャッジメントがとても厳しく、場合によっては0から作り直すこともしばしばあるようです。

社長がしっかりと最後に決断を下すのはカッコ良いのですが、去年、今年と継続率規制やMAX規制、ヘソ賞球変更、等価の事実上禁止などなど、パチンコ業界には旋風が吹き荒れていました。

規制が入る前の検定ラッシュなどあったわけですが、最近全然京楽さんから新機種が出ていないところを見ると、社長からの修正対応に追われているうちに、規則関連の修正もしなくてはいけなくなったのでは?と勘繰ってしまいますね。

会社として利益を上げるためには、早く機種を完成させて検定をクリアして、ホールに売らなければいけません。

京楽さんの最新機種となるテラフォーマーズは、噂では約30回検定に落ちたらしいので、簡単にホールに売ることも難しい状況になっていることがわかります。

しかも検定を1回受けるのに費用が200万くらいかかるらしいので、テラフォーマーズの場合は検定だけで6000万かかっていることになります。

赤字の277億円に比べれば小さいかもしれませんが、開発しているのはテラフォーマーズだけではないでしょうし、出費とは積み重ねですからね。

昔は1つの機種に対して、幾つもスペックを検定に通して、その中から1つのスペックだけ販売するという手法をとっていたらしいですが、今は簡単に検定通過できないので、さすがに今はやっていないと思います。


もう既にパチンコメーカー3社が倒産しています・・・

京楽さんの倒産の危機が報じられているわけですが、実は既に3社が倒産、吸収、民事再生法の適用を受けています。


第1号:マルホン

昔はEアドベンチャーシリーズで一世を風靡し、最近はシャカRUSHなどオリジナルもリリースしていましたが、ついに倒産に…

マルホンが民事再生法で倒産に…マルホンの歴史を振り返る!他のメーカーは大丈夫なのか!?倒産問題を徹底研究!


第2号:奥村

甘デジの元祖として君臨していた奥村ですが、キラーコンテンツを持っていなかったために倒産に…

マルホンに引続き奥村も…パチンコメーカー奥村遊機が倒産へ…


第3号:タイヨーエレック

萌えよ剣など大ヒットした機種は多かったものの、サミーの子会社に。

最終的にはサミーからも見捨てられる形となってしまいました…

ついにタイヨーエレックも倒産!?タイムリミットは10月!?タイヨーエレックの社員解雇報道の真相とは!?


噂の新機種を早くリリースしないと、本当にヤバい!

いかがだったでしょうか?

小生の解析した京楽失敗の3つの原因が、どこまで合っているのかは確かめようがありませんが、そこまで的外れではないかなと思っています。

もう何年も前から、水戸黄門の続編や、鬼平犯科帳など噂の新機種が絶えない京楽さんですが、おそらくどれも修正中と言われています。

早く検定を通して、販売しないとまずいと思うのは小生だけではないはずです…

今回の大赤字は、突然起きたものではなく、今までのツケが一気に回ってきただけなのかなと思います。

早くピンチを打破して、JAWSのような面白いパチンコをもう一度リリースしてほしいと思います!

頑張れ、京楽さん!


そしてついに、最終兵器『水戸黄門3』リリース決定!

ずっと出る出ると言われていた、水戸黄門3がついにリリース決定となったようです!

敢えて現行MAXスペックでは勝負せず、今の市場にはないタイプで攻めており、賭けているのが伝わってきます。

スペックとゲーム性の解析が完了しましたので、京楽さんの本気をチェックしてみてください!

⇒勝てる解析!パチンコ水戸黄門3!これぞ京楽の最終決戦兵器!

Sponsored Link