西陣『花満開~天ノ舞(1/99)』8/20リリース!

久々に人気のあった花満開シリーズですが、勢いそのままに甘デジで登場となりました!

基本的なゲーム性は特に変わっていないので、さっそくスペック解析いってみましょう!

スポンサードリンク

064b0e8cda97f8886061b7ec9161c59e


【スペック解析】

無題

1/99の甘デジとなりますが、1/319タイプと同じ確変ループスペックとなっています。

確変割合は50%、時短は30回と低いものの、確変大当りの出玉が全体的に高くなっているのが特徴ですね。

まず初当りですが、確変割合50%+時短30回となります。

これは実は連チャン中も同じとなっています。

時短30回の引き戻し率は約26.1%となるため、確変50%と合わせると、

連チャンモード突入率&継続率は約63.0%!

初当りと連チャン中で異なるのは確変大当りの出玉であり、初当りは16Rと8Rの合算割合は約1/4、そして突確があります。

一方、連チャン中になると、突確は全て16Rと8Rに割り振られるため、合算割合は4割にまでアップするのです。

特徴的な大当りラウンドとなるRUB(ランクアップボーナス)は初当り、連チャン中変わらずの8%となるため、あまり出玉への影響は大きくありません。

最高の48回開放になっても、16Rに劣ってしまうため、ちょっと残念な感じですね。

Sponsored Link


【実戦シミュレーション(VSドラム海物語、モンスターハンター4)】

それでは最新の新台となったドラム海物語とモンハン4と勝負してみましょう!

hikaku

安定感としてはドラム海物語ですが、一撃性能としてはモンハン4が有利となっていますね。

花満開は一撃性能に特化していないため、どちらかというと安定感重視なのですが、ちょっと中途半端なスペックであるため、スペックとして優秀なドラム海物語に持って行かれてしまった感があります。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方で算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは22.2回転となります。

甘デジで見ると、なかなか辛い部類に入るかなと思います。

西陣さんは基本的に辛い設計なのですが、ここでも健在のようですね。

27.5玉で23.6~24.4回転、28玉で23.8~24.7回転となります。

目安としては23~25回転となりますね。


『1円パチンコ』

2801 2751

等価だとボーダーラインは17.8回転となります。

27.5玉で18.9~19.5回転、28玉で19.0~19.8回転となります。

19~20回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • 根強い人気だった花満開に甘デジが登場!
  • 1/319タイプとゲーム性は変わらず、確変ループタイプ!
  • 一撃性能はあまり高くなく、どちらかというと安定感重視。
  • ボーダーはとても辛いので、ぶん回し推奨です!

Sponsored Link