onihamayujo

ベルコ『鬼浜爆走愚連隊~友情挽歌編(新MAX)』6月20日の週からリリースか!

スポンサードリンク

ベルコさんといえば7セグの機種のイメージがありますね。

今まではリーチラッシュやデジラッシュが代表機種だと思いますが、今回は初の液晶機ということで、気合い入りまくりの様です!

しかも機種はパチスロでもおなじみの鬼浜!

パチンコでも過去に出たことありますけどね…

モチーフからしてブッチギリな1台になってそうです!

早速スペックから見ていきましょう!

⇒ビッグデータから、鬼浜の勝率や大勝を徹底解析!


【スペック解析】

鬼浜スペック

6月の導入ということで、既に65%規制が入った後の機種ということになります。

V―STを搭載しており、初当りは確変56%、連チャン中は100%となっているようです。

初当りで特徴なのは、15Rか7Rなのかによって、確変期待度が若干異なる点です。


  • 15Rの場合は44/78=約56.4%
  • 7Rの場合は12/22=約54.5%

これを見ると差は2%程度なので、あまり気にする必要はないようです。

出玉も15Rの方が約2倍ですから、素直に15Rを祈ってOKということですね。

非確変時は時短100回がついてきますので、


初当りからの連チャンモード突入率は、約67.8%!

連チャンモードに突入すると、ST100回となるわけですが、高確率は1/96となりますので、


連チャンモード継続率は、約64.8%!

突入率の方が少し高いみたいですね…

しかし、連チャンモード中は15R比率が84%もありますので、当りを引ければデカいということになります。

ループタイプではないので、そのまま連チャンが終わってしまう恐怖はありますが…


【実戦シミュレーション『VS巨人の星』】

同じ新MAXのライバルということで、巨人の星と戦ってみましょう!

鬼浜比較

ちょっと全体的に負けちゃってる気がしますね。

鬼浜は初当りからの連チャンモード突入率が高く、また出玉も平均すると11R程度GETできるので、その分連チャンモードでの一撃が低くなっています。

逆に言えばマイルドよりということですね。


【ボーダーライン(期待値)】

新鬼浜319期待値

ボーダーラインは等価で19.7回、非等価で21~22回転と比較的標準的な設計になっています。

ヘソ賞球が4個ということもありますが、回ってナンボの設計となってるみたいですね。


【まとめ】

  • ベルコさんが放つ液晶機は鬼浜爆走愚連隊!
  • V-STを採用しながらも、初当りが比較的優しい設計!
  • 一撃性能は大人しめだが、15R比率は非常に高く、当ればでかい!
  • スペック設計は標準であるが、基本はまわってナンボ!
  • 新MAX以外にも、ライトミドルが用意されているらしい…