onihamayujo

【新MAXで流行のV-STですけど…】

スポンサードリンク

どうも最近の新MAXはV-STにばかり頼っているような気がしてなりません。

もう継続率に夢を見ることはできなくなったわけですから、もっと100%STとか出してくれれば良いのに…と思っているのはきっと小生だけでないはず!

というわけで、今回の鬼浜も他と同じくV-STタイプとなっています。

初当りは確変割合56%、非確変でも時短100回付くタイプですね。

⇒鬼浜爆走愚連隊のスペック解析はこちら

それでは早速、勝率から見ていきましょう!


【勝率】

鬼浜勝率

今回は鬼浜単品での評価となりますが、期待値0円で勝率50%超えているのはすごいですね。

ボーダーは21回転ときつめながらも、ちゃんとボーダー回ってくれれば勝率は50%を超えることがわかります。

回転数は多い方が、結果は安定しやすいのかもしれませんね。

マイナス域でも勝率が高めであることを考えると、やはり負け組には優しい勝率になっているようです。

一方プラス域ですが、思ったよりも勝率はアップしてくれませんでした。

余計に回転数を稼がないといけないため、出玉性能としてはちょっと心許ないのかもしれません。

しかし現状ホールはほぼ期待値マイナス域となっているわけですから、そんな中勝率を高く維持できるのは、すばらしいことだと思います!


【一撃性能はどれくらい?大勝シミュレーション解析!】

鬼浜大勝

ベスト1位を見てると、なかなか荒れているのが分かります。

期待値マイナス10000円や期待値プラス30000円だと、それぞれ良い感じに暴れているのが分かります。

しかしベスト10位まで落ちてくると、ちゃんと期待値通りの順番となりました。

10位で安定してくれるわけですから、ここから下はもっと安定してくれること間違いありません。

ボーダーで言うとたかが1回転と思うかもしれませんが、この表を見れば、その1回転によってどれだけ結果が変わってくるのか、実感できるかと思います。

面倒だと思っても、実戦ではちゃんと数えていきたいですね。