image10

藤商事『遠山の金さん 二人の遠山桜(新MAX)』7月4日リリース決定!

スポンサードリンク

藤商事さんはホラーのイメージが強いですが、暴れん坊将軍などのように時代劇に手を入れているメーカーでもあります。

遠山の金さんは、藤商事さん以外にも、いろんなメーカーが出してきた時代劇の王道。

「また金さんやるの?」と思われないようにするため、今回藤商事さんは2人の金さん(杉良太郎、高橋秀樹)を据えるというチャレンジを施しました。

ちなみに杉良太郎は以前藤商事からパチンコがリリースされたこともあります。

時代劇ということもあり、客層は上になることは間違いないので、安心の確変ループタイプを採用したみたいですね。

それでは早速、スペックから見ていきましょう!


【スペック解析】

金さんスペック

新MAXということで、初当りは1/316.6となっています。

ヘソ賞球5個にもチャレンジしており、あまり新MAXの辛いイメージをつけたくない意図が伝わってきます。

アタッカーは2つ用意しており、確変確定となる下アタッカーは13個賞球、確変と非確変が入り混じっている上アタッカーは12個賞球となっています。

ラウンドもわかれており、下アタッカーは16R、上アタッカーは15Rとなっています。

つまり、下アタッカーが開いた時点で、16R確変確定ということですね。

時短は100回転とオーソドックスに決めています。

確変割合は60%となっているため、


連チャン突入率&継続率は、約70.8%!

ちなみに通常時は8個保留となっており、特図1と特図2の交互変動となっています。

それぞれの大当り振分けは以下の様になっています。

金さん大当り振分け

特図1と特図2では、16R確変の差は大きくないですが、突確と15R確変に大きな開きがありますね。

特図1は突確が多いため、図柄揃い時の確変割合が低くなっていますので、大当りした際はどちらで当ったかチェックしておきたいですね。


【実戦シミュレーション『VS巨人の星』】

最近巨人の星とばかり比較していますが、あまり数は導入されていないようですが、人気がありますからね。

ALL2000発の巨人の星と勝負です!

金さん比較

確変ループが故の結果となりましたね。

5000発GET率では有利となるものの、それ以上になると巨人の星に軍配が上がりました。

勝率は高いので、より安定するのが金さんということでしょう。


【ボーダーライン(期待値)】

金さん期待値

ボーダーは等価で19.4回転、非等価で20~22回転となります。

ヘソ5個賞球となっていることを考えると、辛くはないものの、あまりヘソには入らないようなイメージになります。

従って、ちゃんと1000円あたりの回転数はチェックしておきたいところですね。


【まとめ】

  • 藤商事さんプレゼンツ、時代劇の王道遠山の金さんはダブル主演!
  • 安心の確変ループながらも、アタッカー2つ、8個保留と見どころは満載!
  • 一撃性能はそこまで高くないが、ヘソ5個賞球ということもあり、勝率は安定!
  • ボーダーは決して辛くないものの、ヘソに入る数は少ないので、回転率のチェックを!