e235100edbad61794b54a6e456eb1443

平和『ガールズ&パンツァー(甘デジ)』8月1日の週に導入か!?

スポンサードリンク

春を戦車まるけにしたガールズ&パンツァーですが、今度は甘デジで夏を戦車まるけにするようです!

ゲーム性は特に変わらないということなので、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

ガルパン甘スペック

新MAXではループタイプでしたが、甘デジだとV-STとなっています。

初当り確率1/99の甘デジですが、新MAXと変わらず通常時は8個保留の交互変動みたいです。

どちらも確変割合は85%となっており、確変だとST80回となるみたいですね。

ただ特図2の方がラウンドが多めなので、なるべく特図2で当てたいところです。

それでは、初当りの特図1と特図2合算のラウンド振分を見てみましょう!

ガルパン甘振分

電サポが20回しかない大当りは何も変化はなく、問題は電サポがつく80回の大当りのようです。

特図1では15Rが1%しかありませんが、特図2では25倍の25%となります!(笑)

他にも7R~13Rの振分があるため、全体的にラウンドは多くなりますね。

ちなみに電サポは20回となりますが、確変状態か通常状態かによって、引戻し率が異なります。


  • 確変20回転:引戻し率23.1%
  • 時短20回転:引戻し率18.2%

あれ…あまり変わりませんね。

それもそのはず、なんと高確率でも1/76.7と辛くなっているのです。

つまり、甘デジのガルパンは、確変だろうが時短だろうが関係なく、


とにかく電サポがあるうちに大当りを引かないと、連チャンゾーンに突入しない!

というゲーム性であることがわかりますね。

連チャンモードでは、確変ならば65%で大当りする設計になっています。


【実戦シミュレーション『VSギンパラ4』】

最近比較はギンパラ4が多いのですが、意外にロングヒットとなりつつあるようです。

昔は海であれば関係なく人気でしたが、今は海でさえヒットさせるのに苦労していますから、ギンパラ4は頑張ってると思います。

ガルパン甘比較

結果としては、全体的にガルパンに軍配が上がりました!

15R比率はそこまで高くありませんが、複数ラウンドがあることで、偏った時の一撃が良い味出してるのかもしれません。


【ボーダーライン(期待値)】

ガルパン甘期待値

等価で19.1回転、非等価で20~21回転となっており、甘デジとしては少し甘いのかなと思います。

大勝しようとすると大変ですが、甘デジらしい波であれば、十分勝機があると言えます!


【ハマリ解析】

ガルパンは甘デジながらもハマりやすい傾向にあります。

ではどれくらいハマってしまうのか徹底解析!

⇒甘デジガルパンのハマリ解析の続きはこちら


【まとめ】

  • ガルパンの甘デジは、突入100%ではないV-STタイプ!
  • 連チャン突入のカギは、電サポ20回での大当りに尽きる!
  • 一撃性能はそれなりに高いので、期待は出来そう。
  • ボーダーラインは甘デジとしてはちょっと甘めみたいです。