onihamayujo

ベルコ『鬼浜爆走紅蓮隊~友情挽歌編(ライトミドル)』6月20日の週からリリースか!?

スポンサードリンク

新MAXで発表のあった鬼浜ですが、同時にライトミドルもリリースされるとのこと!

ベルコさんあまり実績がない割に、流行に乗って2機種同時リリースなんてなかなかのやり手ですね。

⇒鬼浜の新MAXスペック解析はこちらからどうぞ!

基本的なゲーム性は変わらないとのことなので、スペックを早速見ていきましょう!


【スペック解析】

鬼浜199スペック

V-STの1/199ライトミドルスペックとなります。

新MAXとの違いとすれば、全体的に出玉が減っているところでしょうか。

初当りの確変割合が50%と下がっているものの、非確変でも時短100回ついてきます。

ライトミドルの強みがあるとすれば、この時短100回での引戻し率でしょうね。

1/199の時短100回となると、引戻し率はなんと約39.5%と非常に高いため、


初当りからの連チャンモード突入率は約69.7%!

およそ7割で連チャンモード突入となります。

一方、連チャンモード中はST100回となるため、


連チャンモード継続率は約64.1%!

時短状態を作っていないため、65%継続規制がそのまま適用されてしまいますね。

しかし連チャンモード中は15R比率が7割と高くなるので、一撃性能としてはなかなかのものとなるようです。


【実戦シミュレーション『VS織田信奈の野望』】

まだまだ超人気を誇っている信奈との一騎打ち、いってみましょう!

鬼浜199比較

なんと…鬼浜が全体的に良い感じで勝っています!

勝率も高いこともあり、安定感も高いようですね。

初当りの連チャンモード突入率の高さ、そして連チャンモード中の出玉のメリハリが良い結果を招いたように感じます!


【ボーダーライン(期待値)】

鬼浜199期待値

ボーダーラインは等価で21.2回、非等価で22~23回となります。

新MAXと比較すると、1~2回転程辛い設計となっていますが、ライトミドルが新MAXより辛くなることはまずないので、ライトミドルとしては標準的なスペックと言えそうです。


【まとめ】

  • ベルコさんの鬼浜には新MAX以外にライトミドルがあるぞ!
  • 全体的に出玉性能は落ちているものの、連チャンモード突入率はかなり高い!
  • ライトミドルとしての一撃性は高く、信奈を全体的に上回る!
  • ボーダーはライトミドルとしては標準だが、新MAXよりは当然辛い設計です。