平和『ガールズ&パンツァー(新MAX)』4月18日の週にリリースか!?

提供:HEIWAチャンネル様

スポンサードリンク

⇒ガールズ&パンツァーの大勝ち、大負け、勝率&連チャンの特集はこちら!

既にパチスロでも登場し、かなり人気のあるガールズ&パンツァー(略してガルパンって言うらしいですね)がついにパチンコで登場です!

新MAXということですが、MAX8となっており、通常時から8個保留が貯まります。

しかも確変ループスペックとのことなので、実は平和さんのMAX8史上初の試みとなります。

それでは早速スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

ガルパンスペック

新MAXということもあり、確変割合70%と高めに設定されていますね。

MAX8なので普段は特図1と特図2が交互に変動するのですが、これはまた確変でも5Rしかない特図1と、2000発大当りを搭載している特図2とで、かなり当たった時の差が大きくなっています。

実際は1:1の比率になるのですが、このままではわかりにくいので、初当りの実質的な大当り割合を作ってみました!

ガルパン振分

特図1、特図2それぞれ半分ずつの割合となりますが、特に多いのは5R確変。

一撃のキモとなる2000発大当りはちょっと控えめになりますね。

そして非確変大当りについては、実は特図1&2共通になっており、5Rで時短20回となっています。

5Rで出玉が純増650個程度出るものの、時短は20回しかないので引戻し率はたったの約6.1%しかありません。

とは言っても確変割合は初当りから70%ありますので、仕方ないとも言えます。

連チャンモードに突入出来れば、全ての変動は特図2となりますので、初当りではなかなか引けなかった2000発大当りの15Rも35%と引きやすくなります。

残りの35%はほぼ均等でいろんなラウンドとなっているので、如何に15Rを順調に引けるかが勝負となりそうです。

連荘終了時も時短20回しかないので、あまり引戻しには期待できません。

連荘率80%とかあるわけじゃないことを考えると、思ったより連チャンしないようなイメージにならないかちょっと不安ではあります。


【実戦シミュレーション『VS海物語inJAPAN』】

最近まだ確変ループタイプは主流になっていないので、今回は海物語との比較としてみました。

ガルパン比較

まぁ海物語はドノーマルなスペックであるため、大当りの種類にメリハリのあるガルパンに軍配が上がりました。

この高い確変割合も魅力の1つになりそうですね。


【ボーダーライン(期待値)解析】

ガルパン期待値

等価でボーダーラインは19回転ちょい、非等価で20~21回転となりました。

平和さんはルパンなど大きな機械だと甘いですが、それ以外は標準的な甘さに抑えてくる傾向があるように思えます。

時短が少ないので、連チャン終了してからが勝負ですね。


【まとめ】

  • パチスロでも大人気のガルパンが平和さんから登場!
  • 平和さん初のMAX8での確変ループスペック!
  • 時短は少ないものの確変割合をアップさせ、バトルの勝率をアップさせた模様!
  • 一撃性能はしっかりと高く設計されているので、期待して大丈夫!
  • ボーダーラインは標準的。しっかりと狙っていきたいですね!