enwOODo2ejHWlGc1447894232_1447894349

SanseiR&D『絶狼(甘デジ)』1月25日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

絶狼といえば牙狼の大当り出玉を全て2400発に変更した、超大当り出玉重視の機械として、いろんな意味で話題を呼んだ機種でしたね。

連チャン継続率75%という少し物足りない印象はあったものの、2400発の爆発力もあり、一定の支持を得たと記憶しています。

まだ牙狼金色の甘デジが出たばかりではありますが、1月後半に絶狼の甘デジが登場することになったようですね。

甘デジになると、MAXタイプにあった牙がごっそり抜けてしまい、ダルい印象になりがちなのですが、絶狼に至ってはそんなことはしておらず、2400発大当りをしっかりと継承できているようですね。

さっそくスペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

絶狼99スペック

初当り1/99の甘デジですが、タイプはMAXと同じV-STとなっています。

主力スペックがV-STだと、最近は甘デジもそのままV-STでリリースするケースが増えましたね。

Vアタッカーが邪魔になってしまって、他のゲーム性に変更するのが難しいかもしれませんね。

さて初当りですが、確変割合51%と牙狼を彷彿とさせるイメージになっています。

非確変でも時短が40回つきますが、なんと時短40回での引戻し率は約33.1%と意外に高くなっているため、


初当りからの連チャン突入率は約67.2%!

一応初当りに16Rを積んでいますが、割合はたったの1%しかないので、あまり気にしなくても良さそうです。

一方連チャンモードに突入すると、電サポ80回となります。

STは40回しかないので、残りの40回は時短で消化することになります。

ST40回の引戻し率は約40.9%、時短40回の引戻し率は約33.1%となっていることから、


連チャンモードの継続率は約60.5%!

突入率よりも継続率の方が低くなっていますが、これはSTタイプのカラクリがあります。

確かに約67%で突入しますが、あくまで突入しただけであって、そこから連チャンするかどうかは約61%を引けるかどうかになります。

次回大当りが約束されるようなタイプとは違うので、ここは注意が必要ですね。

せっかく67%を突破できたとしても、連チャンモードでの61%を引かないと、連チャンモードの連チャンを味わうことは出来ないわけです。

しかし連チャンモード中の大当りには、10%で2400発大当りが搭載されていますので、この2400発大当りが引けるかどうかがカギとなりそうです。

もともと連チャン継続率に期待が出来ない分、2400発の存在はより大きなものになりそうな気がします。

逆に言えば、なかなか2400発を体感できないことになってしまうので、勝率としては下がってしまう懸念があります。


⇒同じ2400発搭載甘デジとの実戦勝負は!?ボーダーは!?次ページで紹介!