pk_greatsea3_agnes_product

出典:三洋物産


どうしてアグネスを『まわるんスペック』にしてしまったんだぁ!糞台のニオイがするぞ…

スポンサードリンク

アグネスと言えば、海シリーズの甘において絶対的信頼を寄せられている王道シリーズです。

今までコケたことのない大海シリーズの甘デジだったので、海シリーズの中でも今でも人気のある甘デジとなります。

まぁ大海3の失敗により、大海シリーズの神話は崩れてしまったわけですが、まさか甘デジでもアグネスを出してくるとは…

しかもヘソの賞球を1個にして『まわるん』仕様というお墨付き。

とりあえずスペックから見てみましょうか…


【スペック解析】

大海3アグネススペック

ST10回の甘デジとか、もはや海シリーズの甘デジですらないと思うのは自分だけでしょうか(涙)

よりによってアグネスでこれをやってしまいますか…

ST10回にしたことで、考えられる害悪が大きく2つあります。


【ST10回の害悪その①】

『保留連の発生頻度が下がる』

今までは1/9.9だったので、保留4つあれば約35%の確率で保留連が発生していました。

しかし、今回は1/19.5となっているので、保留連の発生率は約19%となります。

なんと、今までの約半分しかアグネス・ラムのサインが見られないわけです!

これはひどい…アグネスファンからすれば、これはかなりの大ダメージです。


【ST10回の害悪その②】

『時短の引戻し率が下がる』

今までは一番悪い当りの場合、ST5回、電サポ25回でした。

つまり時短は20回だったわけですね。時短20回の引戻し率は18%です。

ところが今回はST10回、電サポ25回となっています。

電サポの回数は全く増えていないわけです。

それにより時短は15回に減少してしまい、引戻し率も14%まで下がってしまいました。

これは完全に数字のトリックです。

電サポ回数が変わってないから、何も影響がないように思えて、実はスペックダウンしています。

どうしてこんなことになってしまったのか…理由はただ一つ。

そう、『まわるんスペック』にしたからなのです。

期待値(ボーダー)を見てみましょう。


【期待値(ボーダー)】

大海3アグネス期待値

ぱっと見特徴がないように感じますが、これはヘソの賞球が1個です。

ヘソの賞球が少なくなると必然的に玉の減りが早くなります。

いつもと同じような回転率だったとしても、帰ってくる玉の数が少ないわけですから、早く玉は無くなるのです。

しかし、それにも関わらずボーダーは18回と辛く設定してあります。

これは何を意味するのでしょうか。

そう、『まわるんスペック』になっているということです。

強ミドルのギンギラパラダイスのボーダーはだいたい15回転ですからね。


【まとめ】

  • 大海3の甘デジアグネスはなんとヘソ賞球1個の『まわるん』スペック
  • ST10回となっているので、保留連発生率、時短回数が激減
  • 今までのアグネスとは全くの別物なので、注意が必要!
  • もう『まわるん』スペックいい加減にやめませんか…