サンスリー『ヤッターマン~我ら天才ドロンボー(1/319ver)』3月5日リリース決定か!

ヤッターマンは平和さんからサンスリーさんへと版権が移動したのですが、もうすっかりサンスリーさんの主力機として活躍していますね。

何だかんだ言って定期的にリリースされており、時流に見合ったスペックで攻めてくる特徴を持っています。

今回はMAX規制により初当り確率が混沌とする中、バシッと1/319で挑戦してきましたね。

一撃の連チャン性能はガンツを超えているらしいので、早速スペックから見ていきましょう!

スポンサードリンク

CR天才ドロンボー-パチンコ攻略


【スペック解析】

無題

初当り確率1/319の現行MAXタイプとなります。

確変割合は65%、次回大当りまで確変が継続する、王道確変ループです。

しかし初当りにおいては、そんなに生易しいものではなく、確変を引いても電サポがつかない状態があるばかりか、初当り単発には時短がつかない、潜伏確変がループすることがあるなど、なかなか連チャンモード突入への道のりが険しくなっています。

ただアタッカーの賞球は15個で10カウントとなっているため、出玉での保証が6Rしななくても純増で見ても800発程度は貰える計算となります。

高確率はおよそ1/40なので、潜伏確変だった場合はギリギリ追い金無しで済みそうですね。

一方で連チャンモードに突入すると、なんと全体の50%が2400発大当りとなっており、非確変でも100回の時短がつくなど爆発力を兼ね備えていることが分かります。

時短100回での引戻し率は約27%であるため、

連チャンモード継続率は、約74.4%!

2400発大当りのヒキに左右されるものの、ドル箱を一気に詰めるポテンシャルは持っていますね。

Sponsored Link


【実戦シミュレーション『VSガンツ&カイジ沼3』】

爆発力に定評のある、ガンツとカイジ沼3と勝負してみましょう!

hikaku

これは面白い結果となりましたね。

まず勝率、つまり安定感はガンツが勝利し、そのまま10000発ゲット率でトップとなります。

その後30000発ゲット率まではカイジ沼3が制すも、最後の50000発ゲット率はなんとヤッターマンが他2機種のダブルスコアでトップとなりました。

つまり一番の連チャンポテンシャルを秘めているのはヤッターマンであることがわかりました!

ガンツは超ガンツボーナスがあって荒れるのですが、連チャン中の結局3割しか占めていないため、思ったよりも暴れません。

最も超ガンツボーナス自体は荒れますので、事故りやすくなっているのは確かですね。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいますので、27.5玉と28玉の両方算出しています。

さらに1パチで新台がリリースされても良いように、しっかりと1パチのボーダーも解析していますよ!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは19.7回転となります。

1/319タイプとしてみると、まぁ標準的かなと思います。

27.5玉で21.1~21.7回転、28玉で21.3~22.1回転となります。

目安としては21~22回転となりますね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価だとボーダーラインは15.8回転となります。

27.5玉で16.9~17.4回転、28玉で17.0~17.7回転となります。

17~18回転が目安となりそうです。


【まとめ】

  • サンスリーが繰り出すヤッターマンは1/319の現行MAX!
  • 初当りを厳しくすることで、連チャン性能をアップさせた強靭スペック!
  • 一撃性能は高く、特に50000発超えが発生しやすい!
  • ボーダーは標準並みなので、そのまま攻めて問題無し!

Sponsored Link