yjimage

スポンサードリンク

花の慶次と言えば、ニューギンが放つ最強で最後の切り札。

しかも今回はシリーズ初となる、MAXでSTタイプ!

これはなんか色々と楽しみですね。では早速スペック表を見てみましょう!


【スペック表】

keiji

むぅ!これは一撃の出玉にこだわりを見せながらも、継続率84.5%と時代のニーズに合った高継続タイプですね!

基本的なスペックは牙狼と同じくV-STタイプ。

初当りにおける確変割合は55%、もし非確変であっても時短100回ついてきますので、引き戻し率22%も合算するとトータルの連チャンゾーンに突入するのは約65%となりますね。

初当りには、数字図柄が揃う7Rと特殊図柄が停止する4Rの2つの大当りがあるようですが、これは出玉の差だけでなく、確変割合にも差があるようですね。


  • 7R…確変割合50.6%(43/85)
  • 4R…確変割合80.0%(12/15)

7Rなら非確変でも納得できますが、4Rならばしっかりと射止めたいですね(笑)

では続いて実戦シミュレーションで性能を見てみましょう!

keijishimyu

9時間実戦では勝率33%となかなか挑戦的なスペックのようです。

まぁ牙狼も同じようなものでしたが…というか同じV-STなわけですから、同じような性能になるのは自然なことですね。

では、両者が激突したら一体どうなるのか!?ちょっと戦わせてみましょう!


『真花の慶次VS牙狼金色』実戦シミュレーション!

keijigaro

やはりほぼ互角…と言いたいところですが、なんと10000発GET比率までは牙狼の方が上ですが、それ以上の一撃出玉では慶次に軍配が上がりました。

つまり、慶次の方が一撃の出玉性能が上ということになりますね。


真花の慶次、ついに牙狼を超える!?

一撃の出玉性能という目線で見ると、真花の慶次が若干上回りました。

しかし、本当の名機とはスペックの性能だけで左右されるものではないです。

カッコ良くて、テンポが良くて、わかりやすい。

それが名機の条件だと思います。

導入は来年の中旬を予定しているとのこと。楽しみですね!

【お知らせ】

真花の慶次を実戦する上で必須となる期待値の解析が完了!無料で公開中です!こちらからどうぞ!


真花の慶次の解析情報は盛りだくさん!

まだまだ真花の慶次の解析情報が揃っています。

状況に合わせて活用してください!
↓ランキングに参加しています。1クリックのご声援、よろしくお願いします!

パチンコランキングへ

↓遊んでパチンコ実戦シミュレーションという手もアリです!


↓こちらもパチンコ攻略情報が豊富です!