slide06

『ウルトラマンゼロ』って確変ループタイプだけど、どれくらいハマるんだろ!?

スポンサードリンク

今のMAXタイプと言えば、V確変タイプが主流になっていますが、ウルトラマンゼロについては歴代のウルトラマンシリーズの流れを汲んで、確変ループとなっています。

どちらもMAXタイプであることに間違いはないので、爆発力はあるのですが、ハマリってどれくらい違うのか気になりますよね…

というわけで!

今回は、ウルトラマンゼロのハマリについて徹底的に解析しちゃいます!

まずはウルトラマンゼロのスペックをどうぞ⇒スペック解析

せっかくなので、V確変の代表である、真花の慶次と比較してみましょう。


【ハマリ解析『ウルトラマンゼロ VS 真花の慶次』】

ウルトラマンゼロハマリ

全体的にゼロは慶次よりもハマリが浅いことがわかりますね。

初期確率となる400回転では、慶次は既に50%を超えてしまっていますが、ゼロは50%未満に収まっているのがわかります。

さらに1000回転ハマりともなると、慶次では約5回に1回は発生してしまいますが、ゼロは約8回に1回しか発生しません。

どうしてゼロはあまりハマらないのか?

それは連チャンモードまでに必要な平均回転数が全然違うからなんですね。

真花の慶次は670回転必要ですが、ゼロは490回転で良いんです。

これは初当りにおける確変割合と連チャンモード突入率が異なるのが主な理由です。

V―STタイプは初当りの確変割合は約50%、単発に時短100回ついていたとしても、トータルで60%程度にしかなりません。

ゼロの場合は、初当りにおいても確変割合83%なので、出玉が無かったり、時短が極端に少なかったとしても、トータルでは連荘モード突入率が高くなるわけです。

必要な投資金額を見ても、それが明らかになっていますよね。


【ハマらないなら、V-STより確変ループの方が良いのか!?】

ハマリだけを気にするのであれば、確変ループで特に確変割合が高い機種の方が、ハマリは浅くて済みます。

しかし、ハマリというリスクがあるからこそ、見返りがあるのも確かです。

以下を見てみてください。

ウルトラマンゼロハマリ違い比較

MAXタイプでありながら、確変100%突入のデビルマン覚醒も一緒に比較してみることにしました。

これらを見てわかる通り、ハマリの深さと、連チャンモード突入時の出玉は比例しているのです。

より爆発力を好むならば真花の慶次のようなV-STタイプ、せっかく初当り引いたんだから連荘モードに突入したい!という人はデビルマンのような確変100%STが良いわけです。

その中間に位置する、連チャンモード突入率もそこそこ良くて、結構連チャンしてくれるタイプ、それがウルトラマンゼロのような確変ループになるわけですね。


【まとめ】

  • ハマリはキツいが、ハマリが深い程連チャンモード突入時の一撃に期待できる!
  • MAXタイプでも、ハマリや一撃性は異なるため、自分の好きなタイプを選ぼう!
  • 意外にウルトラマンゼロってハマらないことが新たにわかった!