slide12

京楽『トランスフォーマー』V-STタイプで登場!導入は6月上旬が濃厚か!?

スポンサードリンク

ウルトラマンゼロがイマイチな感じですが、最後の切り札がついに表舞台に登場するようです。

というかMAX規制の関係で、早く出さないとまずいんですよね、多分。

スペックは安心というか飽きたというか、V―STタイプのMAXとなっているようです。

スペックを見てみましょう!


【スペック解析】

トランスフォーマースペック

もうこれでもかってくらいV-STタイプで、タイプとしては絶狼に近いですね。

連チャン中の大当りは全て16R2400発大当りとなっています。

初当りの確変割合は52%ですが、時短100回の引戻しを含めると連チャンモード突入率は約63%となります。

非確変でも1100発程度の出玉が得られるので、多少はまだ頑張れるかな…という気持ちにはなりますが。

連チャン継続率は約77%となっており、牙狼よりも上のイメージですね。

連チャン中の出玉性能は限界まで引き上げている印象です。

ともなれば、真花の慶次と実戦シミュレーションするしかありませんね!


【実戦シミュレーション『トランスフォーマー VS 真花の慶次』】

トランスフォーマー実戦シミュ

あと一歩!というところで慶次には叶いませんでしたが、数値としてはほぼ互角です。

これなら慶次と勝負をしてもいけるかもしれません。

ただ、かなりこのタイプは飽きられており、結局稼動しているのは牙狼と慶次だけ。

MAX規制の関係で、余計にV-STタイプはたくさん世に出るので、かなりシビアな戦いになりそうです。

京楽さんの調子が悪いとはいえ、まだそれなりに信頼はあるでしょうから、それなりの台数は導入されそうです。


【期待値(ボーダーライン)】

トランスフォーマー期待値

さすが京楽さん!ということで、ボーダーラインは安心の16.5回。

見極めラインとしても、15.3~17.8回と甘めですね。

21回転回れば、きっちり勝負に持ち込むことが出来そうです。


【まとめ】

  • 京楽さん最後の切り札は、このトランスフォーマーらしい
  • 安定のV-STタイプのMAXスペックに仕上がっている
  • 連チャン中は継続77%で全て2400発大当り!
  • 一撃性能は真花の慶次と肩を並べられるほど!
  • 筐体がトランスフォーマーするらしい…詳細が気になる!