IMG_6528

 ニューギン『バスタード!!(甘デジ1/89ver)』10月2日リリースか!

ライトミドルタイプとして、超高継続を誇ったバスタードですが、ここで甘デジがリリースされるとの情報が入ってきました!

スポンサードリンク

かなり複雑な転落スペックでしたが、甘デジでもやっぱり複雑となっています…

早速スペックから見ていきましょう!


【スペック解析】

spec

ライトミドルとゲーム性が踏襲されていますが、基本的なゲーム性としては、大当り時に付加される僅かな電サポ回数で、如何に大当りを引けるか!?という内容となっています。

高確率はおよそ1/25となっていますが、初当りで得られる電サポはほとんどが16回となっています。

僅かながら電サポ回数は20回、24回、そして100回の計4種類となります。

潜伏中であれば、12回、10回、8回、100回の計4種類です。

潜伏中は当りやすい分、電サポ回数が少なく設定されているようですね。

それぞれの回数での引戻し率は、


  • 100回:約98.2%
  • 24回:約61.6%
  • 20回:約55.0%
  • 16回:約47.2%
  • 12回:約38.1%
  • 10回:約32.9%
  • 8回:約27.3%

初当りに関しては、およそ引戻し率は1/2といったところでしょうか。

潜伏中はだいたい1/3程度になるイメージです。

甘デジということで、突入率が上がっているようですね。

但し!確変状態であっても、1回転ごとに約1/31で確変の転落抽選が行われていますので、実際にはもっと低くなってしまいます。

確変が転落したかどうかは見た目ではわからないため、注意が必要です。

一方、連チャンモードに突入すれば電サポは100回となります。

相変わらず確変転落の危険があるものの、電サポは絶対100回転保障となっていますので、そこは安心できます。


連チャンモード継続率は、約82.4%!

大当りラウンドは初当り時と同じとなりますが、継続率が非常に高くなっていますので、大量出玉獲得のチャンスとなります!


【実戦シミュレーション『VS織田信奈の野望』】

100%突入となるものの、まだまだ人気の高い信奈と戦ってみましょう!

hikaku

一撃性能を持っているだけに勝利となりましたが、かなりの差がつきましたね。

20000発GET率はおよそ2倍となっています。

初当りで3Rを引いてそのまま終了というパターンが連続するケースが頻発しそうなので、これくらいの一撃頻度がないと、なかなか勝負に出られないのも事実です。

ここまで高継続となるタイプは、今後リリースされないと思うので、大連チャンの醍醐味を味わっておきたいものです。


【ボーダーライン(期待値)】

kitaichi

ヘソ4個賞球となりますが、ボーダーラインは等価で19.2回、非等価だと20~21回転程度となります。

ちょっと甘いかなと思うものの、潜伏状態が多い機種なので、これくらいは良いかなとも思います。

今回の解析では転落タイプということもあり、連チャン終了後の保留分は連チャンに含んでいませんが、含むと等価で約17.4回となったので、もっと甘いことになりそうですね。


【まとめ】

  • 超高継続機バスタードが甘デジでリリース決定!
  • 複雑な電サポ回数は健在だが、連チャンモード突入の道は少し和らいだ印象!
  • 相変わらずの高継続で、出玉を大量GETできるチャンスは大いにあり!
  • ボーダーは少し甘い設計だが、潜伏はよくするので注意が必要!
  • 実際はもっと甘くなるような気がしますね…