minimon3

 竹屋『ミニミニモンスター3イナズマver(1/126)』10月10日頃リリースか!

スポンサードリンク

ミニミニモンスター3って、実はもう3年も前の新台なんですよ(笑)

ですからシリーズタイプというよりかは、れっきとした新台でしょう!

一応イナズマverという名前はついていますから、竹屋さんもそう思ってるはずです。

3年前に出た甘デジは1/89でしたが、今回は少し辛い1/126です。

ただヘソ賞球が4個になっているので、感覚としてはそんなに変わっていないような気もしますね。

それでは早速スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

kitaichi

初当り確率が1/126の少し辛めの甘デジですが、確変割合60%のループタイプとなっています。

まったりスペックかと思いきや、初当りの時短が8回しかないという暴挙!

甘デジと言えど、時短8回の引戻し率は約6.2%しかありません…


よって連チャンモード突入率は、約63.1%!

一方、連チャン中は時短が100回、50回、25回と振分となります。

比率としては、100回と50回で20%ずつあるので、25回ばかりということにはなりませんね。

それぞれの引戻し率は以下の様になります。


  • 時短100回:約54.9%
  • 時短50回:約32.9%
  • 時短25回:約18.1%

平均すると時短45回となり、引戻し率は約30.1%となります。


従って、連チャンモード継続率は、約75.1%!

時短性能が高いおかげで、なかなかの継続率を実現してくれていますね。

16R確変の比率が10%と低いため、4Rでのチリツモになる印象がありますが、16Rを引いた時の喜びは相当なものなので、連チャンに1回は引きたいところです…!


【ボーダーライン(期待値)】

spec

等価でのボーダーラインは19.5回転、非等価だと20~22回転程度となります。

ヘソ4個賞球の甘デジという目で見れば、標準的かなと思います。

竹屋さんは辛い設計をするイメージがありましたが、甘デジにも関わらず良心的なスペック設計をしてくれましたね。


【まとめ】

  • 3年ぶりのミニミニモンスターは、なんと3のシリーズタイプ!
  • 甘デジではあるものの、連チャン継続率は高め!
  • スペック設計は標準であるため、ボーダーラインも丁度いい!
  • どうしてこのタイミングで竹屋さん新台出したんですかね…