大都技研『ぱちんこ押忍!番長』1/9リリース決定!

パチスロでも大人気の番長ですが、パチンコで番長は助っ人の登場も合わせると3作目となります。

3作目なのに、「ぱちんこ押忍!番長」というタイトルは初めてという異例の事態が発生しています。

1作目は薫先生、2作目はど根性ガエルでしたからね。

それでは早速スペックから見ていきましょう!

スポンサードリンク


hqdefault

スペック解析

spec

初当り1/319ということで、現行MAXスペックとなります。

至って普通の確変ループスペックなのですが、特筆すべきは初当りが確変だった場合の電サポ回数ですね。

初当りだと、次回までの電サポは10%、50回の電サポは55%となります。

高確率は1/32.8ですから、電サポ中に大当りするのはおよそ8割です。

残りの2割は潜伏してしまうため、非確変と区別できなくなってしまいます。

もし潜伏している状態で確変を引くと、次回までの電サポは35%、また50回の電サポになっちゃうのは30%となります。

つまり、永久潜伏状態がありえるということです。

発生割合はあまり高くなさそうですが、ちょっと目立つデメリットと言えますね。

連チャンモードに突入すると、なんと確変のほとんどが16R確変となり、一気に出玉を増加させることが可能となります。

しかも連チャンの最後は時短100回つきますので、連チャンモード継続率もおよそ74%と現行MAXでは最高の連チャン率となります。

ただし非確変で大当りする際は、なぜか5%だけ16Rがあります。

よって、連チャン中の16Rは必ずしも確変になるとは限らないので、注意が必要です。

Sponsored Link


出玉爆発力勝負!VSモンスターハンター4、花の慶次X

同じ現行MAXで、ホールで人気のある2機種と勝負してみました!

hikaku

爆発力という点で見ると、モンハン4が1枚上手のようですね。

全体的に魅力的な数字が並んでいるのが分かります。

番長は初当りに潜伏がありますが、割合が低いために意外に初当りは優しくなっています。

連チャン中は16Rに特化しているものの、純増1700個もいかないくらいなので、モンハンや慶次の2400発クラスに見劣りするのが原因と思われます。


ボーダーライン(期待値)

非等価が進み、27.5玉と28玉交換が主流となってきましたので、それぞれについて解析を行っています。


4円パチンコ

2754

2804

等価だとボーダーラインは20.9回転となり、27.5玉だと22.3~22.9回転、28玉だと22.5~23.4回転となります。

特にスペック設計としては標準的なボーダーと言えそうです。

目安は23回転といったところでしょうか。

1円パチンコ

2751

2801

4円と違い、1円パチンコは200玉単位(200円単位)となっているため、少し甘く見えますが、そうではないので注意してくださいね。

等価の場合はボーダーラインは16.7回転となります。

27.5玉だと17.8~18.3回転、28玉交換だと18.0~18.7回転がボーダーとなりますので、目安は18~19回転ですね。


【まとめ】

  • ついに真打登場!番長オンリーのパチンコ登場!
  • 確変ループタイプだが、初当りには潜伏する状態が存在する!
  • 連チャン中は16R特化だが、2000発大当りではないため、爆発力はそこそこ。

ボーダーラインは標準的なので、構える必要はなし!

Sponsored Link