pk_greatsea_black_product

 三洋『大海物語BLACK(ライトミドル)』MAXと同時リリースか!?

スポンサードリンク

てっきり海シリーズの新作はMAX1本でいくかと思っていましたが、なんとライトミドルも同時にリリースされるらしいです。

これは他メーカーでは主流になってきていますが、三洋さんで、しかも海でこのようなリリースの仕方は珍しいと思います。

まわるんスペックだって、いろいろ小出しにしていましたしね(笑)

MAXタイプはMAX規制前の怒涛のラッシュ中なので、もしかするとMAXだけではあまり売れないかも…という思惑があったのかもしれませんね。

最近のライトミドルだとヤマトくらいですし、あまり敵がいないのも事実。

それでは早速、スペックから見ていきましょう!


【スペック解析】

大海Bライトスペック

基本的なゲーム性はMAXと何ら変わりませんが、大当りのラウンドが1つ増えていますね。

MAXタイプは強気で16Rと8Rの構成でいけましたが、ライトミドルだとそれも厳しそうですね。

さらに下の4Rを構成し、振分けも8Rと合わせて3/4を占めている状況です。

100%確変のSTなので、連チャン率も約72%と落としてきました。

更にアタッカーの賞球も13となっており、16Rでも出玉は1500程度。

つまり、全体的に性能を落としているのが特徴ということですね。

黄門ちゃまやヤマトと違い、一撃の性能を求めるスペックではないので、方向性として無難とも言えます。


【実戦シミュレーション『大海BLACK VS ヤマト』】

大海Bライト比較

というわけで、最新のライトミドルであるヤマトとの出玉性能勝負です!

先ほども述べたように、一撃の性能に特化させたヤマトとは違い、BLACKは穏やかなタイプとなっているため、20000発GET率以降になるとヤマトに軍配が上がります。

とは言え、BLACKは5000発GET率が80%を超えており、これはなかなか良い性能だと思います。

5000発出るのであれば、ライトミドルなら当るなら追おうかなと思えますからね。

MAXよりも良いスペックなのかもしれません…!


【ボーダーライン(期待値)】

大海Bライト期待値

ボーダーラインとしては、ライトミドルとしては少し甘めの17.3回転となりました。

見極めラインは16.1~18.6回転、勝負するのであれば21.4以上の回転数が欲しいところです。

全体的に暴れにくいスペックではありますが、16Rのヒキが勝負の分かれ目になりそうですね。


【まとめ】

  • BLACKのライトミドルはMAXタイプと同時リリース!
  • スペックは全体的にMAXタイプの性能を落としており、ゲーム性はそのまま!
  • 安定度が高いスペックであるため、意外にMAXタイプよりも良いかも??
  • 海シリーズの復活はBLACKにかかってるかもしれませんよ…!