rekkanonhonoo

【継続率が低いなら、1発の大当り出玉が大事!】

スポンサードリンク


規制が終わり、一気に新台ラッシュが始まったわけですが、頭一つ良い感じで人気があるのは巨人の星です。

継続率65%規制がありながら、連チャン中ALL2000発大当りとなっており、爆発力は申し分なし。

つまり、継続率がなかなか高くすることが出来ないので、止むを得ず1発の大当り出玉にこだわっているのがわかりますね。

そして今回の烈火の炎2も同じタイプで、確変STのみの継続でありながら、2400発大当りを大量に割り振られたタイプとなっています。

⇒烈火の炎2のスペック解析はこちら!

勝つためには勝率が欠かせませんからね、早速勝率の解析からいきましょう!

【勝率】

今回は比較できるように、巨人の星と比較しながら見ていきたいと思います。

烈火2勝率
まず期待値0円の場合ですが、勝率が44%以下となった巨人の星に比べ、なんと勝率50%を達成しているではありませんか!

従来であれば、実は期待値0円というのは、勝率は50%以下になることがほとんどです。

1日打ったとしても、試行回数としては少ないため、かなりぶれてしまうわけです。

それなのに、50%以上となるのは、なかなかの安定感を持っていると思っていいでしょう。

さらに!期待値マイナス域、プラス域、どちらを見ても勝率は烈火の炎2が勝っていることが分かります。

しかも、かなりの差が開いていますね…

負けにくく勝ちやすい、まさに理想となるスペックであることがわかります。

ボーダーラインとしては、巨人の星よりも烈火の炎の方が辛い設計なので、ここが一番のポイントになるかもしれません。

22回転でやっと期待値が±0になるわけですから、ちょっとブン回したくなるような印象を受けます。

【一撃性能はどれくらい?大勝シミュレーション解析!】

烈火2大勝
巨人の星大勝
勝率はかなり安定している印象がありましたが、大勝のランキングを見ると、ちょっと異質です。

それは、それぞれの期待値によって、かなりの上ブレがあるということです。

10位を見れば、期待値によって順当な数値が出ていますが、上位を見ていくと、かなり暴れていることが分かります。

この上ブレについては、巨人の星の方が幅が狭くなっています。

つまり、勝率では烈火の炎2に軍配が上がるものの、安定した出玉として考えると、ちょっと難ありかな、という感じでしょうか。

最も10位を見ると落ち着いていますので、あくまで上位だけと言うことになります。

これはおそらく、2400発比率により、ブレが発生しやすいのが原因と思われます。