CRモンキーターン3神速の勝利者

西陣『モンキーターン神速の勝利者(ライトミドル)』2月8日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

モンキーターンと言えば、今年の1~2月にライトミドルや甘デジをリリースされたばかりですね。

しかし今回はなんとスペック変更ではなく、新たなモンキーターンとしてリリースされたようです!

MAXスペックは2014年10月と去年でしたが、2年も経たずに続編を出してくるあたり、西陣さんの本気が伺えますね。

しかもライトミドルの1本勝負ということで、モンキーターンの立ち位置を意識しているとも言えます。

スペックはサイボーグ009を代表する時短突破型ということなので、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

モンキーターン199スペック修正

初当り確率1/199のライトミドルですが、初当りの確変はたったの0.5%となっており、009と同じく完全に時短突破型のスペックとなっています。

1/199に対する時短100回なので、引戻し率は約39.5%となっています。5%の確変と合わせると、


初当りにおける連チャンモード突入率は約39.8%!

この狭き門をクリアすると、連チャンモード継続率約89.5%のSTに突入できるわけですね。

連チャンモードは少ラウンドが中心となるわけですが、純増1000発以上出そうと思うと10R以上が必要となるため、全体の10%しかありません。

全体の70%が純増500玉以下となっているため、小刻みに高速で消化していく必要があるということですね。

サイボーグ009に習っているのであれば、きっと消化の気持ち良いゲーム性になっていることでしょう!


【実戦シミュレーション『VSサイボーグ009』】

モンキーターン比較

009は初当り確率が1/215となっており、モンキーターンより辛くなってる分、連チャン性能は高くなっています。

が、全体的に少し見劣りする程度であることから、連チャン性能としてはだいたい009をそのまま引き継いでいるのがわかるかと思います。

初当りの分だけ、連チャン性能が低くなっているだけですね。


【ボーダーライン(期待値)】

モンキーターン199スペック

ボーダーラインは17.8回転となっており、ライトミドルとしてはやや甘めの印象がありますね。

初当りこそライトミドルですが、連チャンモード突入までの険しい道を考えると、実質的にMAXスペックのようなものですからね。

少しくらい甘くしても、特に問題ないかと思います。

見極めラインは16.2~19.5回転、勝負するのであれば24回転欲しいところです。

非等価になると、もっとボーダーは辛くなるので注意が必要です。


【まとめ】

  • モンキーターンは今年の1月にリリースされたものとは別物の新シリーズ!
  • スペックは009と同じく時短突破型!
  • 連チャン性能も009と系統が同じなので、イメージは沸きやすそう。
  • ボーダーラインは少し甘めだが、連チャンモード突入までは遠いので注意!