倖田Ⅳ甘

 三共『倖田來未Ⅳ甘デジ』4月中旬にリリース決定!

スポンサードリンク

去年登場した倖田來未Ⅳの甘デジがリリースされることになりました。

今までの倖田は、甘デジになっても初期確率がそのまま甘くなる確変ループを受け継いでいましたが、なぜか今回は甘海のようなSTタイプになっています。

一体どんなスペックになっているのか!?スペック解析を見てみましょう!


【スペック解析】

倖田4甘スペック

ST5回に電サポの振分け…これは完全なる甘海と見て間違いなさそうです(笑)

ラウンドの振分けが多いところが唯一違うところでしょうか…

ST5回だけでは連チャン率は41%となっていますが、そこから継続される時短回数によって、さらに連チャン率をアップさせる仕様となっています。

これも甘海のゲーム性と同じですね。

ただ1つ決定的に違うところがあります。それは通常時は特図1と2が交互に変動する8個保留となっています。

これはミドルスペックから受け継いでいるようですね。

スペック表では、特図1と2が独立してしまっているので、特図1と2を合算させた初りの大当り振分けを見てみましょう!

倖田4甘初当りラウンド振分け

特図1と2で極端に性能が異なるわけではないですが、当然特図2の方がラウンド振分けは優遇されています。

それにより、初当りと連チャン中で連チャン継続率は異なります。


  • 初当りの連チャン継続率・・・約61.6%
  • 連荘中の連チャン継続率・・・約62.1%

ほとんど同じですね(笑)


【実戦シミュレーション『倖田來未Ⅳ VS クイーンⅡ』】

初当りで必ず5回のSTに突入し、一定の時短を得られるというのは、実は甘デジの殿堂クイーンⅡのゲーム性でもあります。

というわけで、今回はクイーンⅡと比較してみましょう!

倖田4甘実戦シミュ

※クイーンⅡのスペック解析⇒こちら

おぉ…倖田が勝っている!

若干ではありますが、20000発までは倖田の方が上回っていますね。

30000発以上では同じとなりますので、大量獲得の期待度はクイーンとほぼ同じということになります。

ラウンド振分けが細かい分、偏ると見せ場を作ってくれそうなスペックになっているのも要因だと思います。


【期待値(ボーダーライン)】

倖田4甘期待値

ボーダーラインはクイーンより少し甘めの17.9回(クイーンは18.1回)となります。

見極めラインは17~20回転、23回転以上で勝負ができそうな感じですね。


【まとめ】

  • 倖田Ⅳの甘デジはシリーズ初のSTタイプ!
  • ST5回+時短というゲーム性は甘海と基本同じ!
  • 一撃性能はクイーンⅡとほぼ同じになっているため、見せ場を作ってくれそう