%e7%94%98%e3%83%87%e3%82%b8

 【非等価の時代になったからこそ、新たに出てきた勝利の道しるべ】

スポンサードリンク

長らく続いた等価の時代も終わり、再び非等価の時代がやってきました。

夜からの実戦が中心となるサラリーマンにとっては、換金ギャップがある分短時間での勝負が不利になると思いがちですが、実際にはそうではありません。

短時間での勝負が不利と思っている人と差をつけることができるので、これは勝機と言っても良いでしょう。

夜からの実戦に当たって、勝利を収めるための3つの秘訣をお届けしたいと思います。

これはどれも『お店選び』の基準となりますので、是非参考にして頂ければと思います!


【秘訣1:貯玉を活用すべし!】

非等価の時代になったのに、夜からの短時間実戦を可能にした最大の理由が、この貯玉システムです。

貯玉からの手数料を徴収することは禁じられている(少し前までは徴収していましたが、今では不可能となっています)ため、この換金ギャップをリスクなく0にすることができます。

手数料システムが無くなったことにより、1日単位での貯玉を下す上限を設けているお店も多いので、そこは注意が必要ですね。

理想は無限に引き出せるのが理想ですが、10000円分まで貯玉を下すことができるお店であれば良いのかなと思います。


【秘訣2:パチンコにおける、甘デジの設置比率が20%以上かチェックすべし】

現在、パチンコでの甘デジの設置比率がおよそ20%弱となっています。

しかし最近は甘デジの人気が下がりつつあるので、設置比率を落としているお店が多いです。

そのようなお店は、甘デジはもう見限っているケースが多いため、あまりおススメできません。

甘デジの設置比率を落とさずに頑張っているお店は、甘デジをこれからも大事に運用しようとしている証でもあります。

ちゃんと甘デジの新台をバラエティであっても導入してくるお店は、期待が持てます。


【秘訣3:1パチの状況もチェックすべし!】

4パチの甘デジで勝負するのに、どうして1パチが大事なのか?と思うかもしれませんが、今や1パチからの利益もお店にとっては主力としている例は少なくありません。

4パチの比でないくらいの利益率となっているため、結構勝ちづらい状況となっています。

にも関わらず、1パチにしっかりとお客さんがついているようなお店は、勝てる確率がアップします。


【まとめ】

いかがだったでしょうか?

甘デジはボーダーラインが比較的辛めに設計されているケースが多いですが、それもメーカーや機種によってまちまちです。

現行MAXやライトミドルと比べて、甘デジはバリエーションやゲーム性の幅が広いので、打つ時はしっかりとチェックして頂きたいです。

甘デジの専用特設ページもあるので、活用してくださいね!

参考:甘デジボーダー&期待値【特設ページ】