feature_1

大一『雀鬼~桜井章一伝説~(ライトミドル)』導入は10月5日が濃厚か!

スポンサードリンク

※スペック一覧において、高確率の値にミスがございました。正しくは1/94となります。申し訳ございませんでした。

以下、全て修正されましたので、ご報告いたします(2015年10月15日)

麻雀のパチンコは今までは奥村さんの専売特許でしたが、なんと今回は大一さんからのチャレンジのようです。

大一さんは哲也で麻雀モノは取り扱っていますので、特に違和感はありません。

しかも桜井章一という実在する麻雀の鬼とのコラボで、絵は哲也を書いている方が担当しているというから、なんかいろいろすごいようです。

スペックはライトスペックということですが、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

joスペック修正

ライトミドルで確変100%のST。

これだけ書くと仕事人祭りわっしょいとか、銭形を想像するわけですが、そんな甘いものではありません。

ST100回と言っておきながら、初当りのほとんどは電サポが60回しかありません。

なんかミリオンゴッドライジングのようなスペックですね。

ちなみに実質的には連チャンモードの突入率を低くしているV-STタイプと変わりありません。

初当りから電サポ100回つくのは0.5%しかないし、潜伏確変がいやらしく混じってるし、これはちょっと厳しい印象ですね。

一方、連チャンモードに突入すると連チャンモード継続率は約66%となり、大当りの50%は2000発大当りとなる一撃性能を持っています。

初当りの出玉は約1000発あるため、そこまで厳しくないのかもしれませんね。

では実戦シミュレーションいってみましょう!


【実戦シミュレーション『雀鬼 VS ヤマト』】

ヤマトはライトミドルのV-STタイプなので、良い勝負になりそうですね!

jo比較修正

5000発GET率のみ雀鬼が上回るも、10000発以上となるとヤマトに軍配が上がります。

先ほども言いましたが、雀鬼は初当りの出玉がヤマトよりも多いため、一撃性能が少し低くなっていると思われます。

ST40回は潜伏状態となってしまうわけですから、出玉のケアは必要となってしまうわけですが…


【ボーダーライン(期待値)】

jo期待値修正

ボーダーラインは大一さんとしては異例の甘さとなっています。

ライトミドルなのに、なんと18.3回転!

いつもの大一さんらしく、なかなか辛いスペックです。

見極めラインは16.9~19.7回転、23回転以上あれば手堅い勝負ができそうです。


【まとめ】

  • 大一の新機種はライトミドル専用の100%確変ST!
  • 初当りのほとんどは電サポが途中でなくなるため、潜伏が発生するので注意!
  • 連チャンモードは継続70%&50%で2000発大当り!
  • ボーダーはなかなか辛い!さすが大一さん!