009

スポンサードリンク

あれから2年…00ナンバーが帰ってきた!

2012年、009絆から2年。

前作はMAXスペックだったが、今回は時短突破型のライトミドルになって、帰ってきたようです。

時短突破型というと「@ほ~むかふぇ」が代表作となりますが、009はどうなんでしょうか?

ではスペック表をどうぞ!


【Re:009サイボーグのスペック表】

009スペック表


君は時短100回で引き戻せるか!?

ゲームの流れから説明しますと、


  1. 初当り(約1/215)を引く
  2. 99.5%は通常大当りなので、時短100回突入
  3. 時短100回以内に、もう一度初当り(約1/215)を引く
  4. 90%継続の大連チャンモード突入!

という感じになりそうです。

全ての肝は3.の時短での引き戻し。

ちなみに時短100回以内に約1/215を引ける確率は、約37.2%となります。

1/3よりかは甘いから、なんか引けそうな気がする!


連チャンモード突入率が1/760ってヤバくない!?

単純に1/215の初当りを引いて、さらに時短100回以内にもう一度1/215を引く必要があるので、これくらいにはなります。

但し、この確率は時短中の回転数も含まれています。

よって、追い金状態となる時短以外での回転数のみで考えると、連チャンモード突入率は約1/560となります。

おや、この確率って確か北斗の拳6の連チャンモード突入率と同じくらいですね。

009のように2段階抽選なのか、それとも北斗の拳6のようにほぼ1発抽選で連チャンモードを射止めるのか…これは好みが分れそうですね。

(北斗の拳6のスペック解析はこちら)


キモとなるのは、90%STのゲーム性になりそう

ラウンド振分けを見るからに、なんかすごく複雑そうなイメージを受ける確変中のゲーム性。

50%が3Rで、残りの50%が4~16Rとなっているので、かなり消化を早くしないと玉が増えている感じがしないのでは?という心配があります。

何でも噂ではパチスロの上乗せを意識したゲーム性になっているとのこと。

上乗せを意識しているといえば、ルパン三世がそんな感じでしたね。ほとんどはMAXボーナスになるのに、わざわざ上乗せ演出を繰り返してアドレナリンを放出させるゲーム性だったかと思います。

009は逆に3Rがメインになりそうなので、ルパンとは違ったゲーム性になりそうな気がします。楽しみですね!