450xNxRwJf0VtWHjtSM_n1463468581_1463468586_jpg_pagespeed_ic_79F1fwwdZ7

高尾『DD北斗の拳(新MAX)』8月1日の週にリリース決定か!?

スポンサードリンク

ずっと前から、高尾さんから北斗が出るという噂がありましたが、北斗はずっとサミーさんから出ていますし、ヒットを出し続けているわけですから、手放すわけはありません。

ですから、小生はこの噂はずっと無視していたのですが、

こういうことだったんですね!

北斗は北斗でもまさかDD北斗だったとは…

DD北斗を知らない方もいると思いますが、DD北斗は当然北斗の拳なのですが、デフォルメしたギャグ漫画で、アニメ化もされた知る人ぞ知る作品なのです。

パチンコにおける北斗は、それはもうすごいインパクトなので、DD北斗でも十分話題性はあるのではないかと思います。

しかもそれをリリースするのが高尾さんときたら、これはもう無視するわけにはいきません。

しっかりと解析して、DD北斗の性能を暴いて見せましょう!

というわけで、早速スペックから!


【スペック解析】

DD北斗スペック

やはり北斗だからなのかわかりませんが、ガッツリ新MAXで攻めてきました。

しかもスペックはV-STですから、これは真北斗を意識していると見て良いでしょう。

さらに!ST+時短で攻めているあたり、これは北斗百裂を意識していると見て良いと思います!

北斗シリーズの双璧を完全に踏襲しているあたり、高尾さんの挑戦が伺えますね。

初当りは確変割合56%となっており、非確変だと時短となります。

時短だと何と振分があり、80回、60回、40回となっています。

これは歴代の北斗を意識していると言っても過言ではありません。

まさかここまで北斗の要素を織り交ぜてくるとは…

ここまで来ると、もう尊敬のまなざしですね。

ちなみに時短の引戻しは、以下の通りとなります。


  • 時短80回:引戻し率約22.2%
  • 時短60回:引戻し率約17.1%
  • 時短40回:引戻し率約11.8%

時短が少ないと引戻し率がどんどん減ってしまうわけですが、ほとんどの振分けは時短80回、または60回となるので、平均すると時短は約71.8回となります。

よって、時短での引戻し率は約20.2%!

確変での突入と時短での引戻し率を合算すると、


連チャンモード突入率は、約64.9%!

連チャンモードに突入すると、ST36回+時短64回となります。

STでの引戻し率は約65.0%、時短64回の引戻し率は約18.2%です。


従って、連チャンモード継続率は、約71.4%!

連チャンモード中は2000発オーバーとなる16Rの比率が6割となっているので、爆連のトリガーは16Rのヒキということになりますね。


【実戦シミュレーション『VS真北斗無双』】

継続率の規制はあるにしても、北斗を語る以上は真北斗無双を無視することはできません。

というわけで、北斗無双と戦ってみました!

DD北斗比較改善

まぁやはりというか、負けてしまうんですね…仕方ないことですが。

思ったより差が出ちゃうんだなぁという印象です。

同じ北斗だからと言って、あまり一撃性能には期待しない方が良さそうです。


【ボーダーライン(期待値)】

DD北斗期待値

ボーダーラインは、等価で21.2回転、非等価で22~24回転と辛くなっています。

これは高尾さんだから仕方ありません。

大型モチーフである北斗であっても、ここは高尾さんブレませんね。

かなり辛いので、ブン回しじゃないとちょっとキツい印象です。


【まとめ】

  • 同じ北斗の名を受け継ぐ、DD北斗は高尾さんからのリリース!
  • スペックはV-ST+時短+時短回数振分という、北斗をかなり意識した模様!
  • 一撃は期待できるものの、やはり北斗無双を超えることは無理ありすぎ…
  • 高尾さんだから、かなりボーダーは辛いです!これは仕方ないですね。