%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-05-16-2-01-10

 【全て見せます!】地域ごとの換金率でのボーダーライン!

スポンサードリンク

等価が終了してからは、それぞれの地域で換金率が大きく2つにわかれています。

それは東京や関西圏が主流としている28玉交換と、中部エリアや中四国エリアが主流としている27.5玉交換です。

ほとんど差はないものの、ボーダーラインは変わってくるので、しっかりと両方解析を行いました。

それでは4パチからどうぞ!


【4円パチンコのボーダーライン&期待値】

2754

2804

等価でのボーダーラインは21.6回転となっており、相変わらずの激辛設計になっているDD北斗のライトミドル。

現行MAXとなる1/319でもしっかりと激辛だったわけですが、それでも等価で21.2回転でしたからね。

確率が甘くなるとボーダーが辛くなるのは仕方ないですが、さらに激辛になるのはちょっとキツい印象ですね。

27.5玉交換の場合は、23.1~23.8回転となっており、等価と比べるとだいたい2回転程度プラスとなります。

1つの指標となる+10000円だと25回転必要になるので、かなりの回転数を要求されそうですね。

一方、28玉交換となると、さらに厳しくなります。

ボーダーラインは23.3~24.2回転となり、24回転の大台を超えてきます。

+10000円になると25.4回転と、ムラがあることを考慮すると26回転も見えてくる感じです。

たくさん回っているのに、期待値としてはあまり稼げないため、結構苦労しそうな感じがします。


【1円パチンコのボーダーライン&期待値】

初登場となる、1パチのボーダーです。

1パチの金額単位は悩みましたが、だいたいのホールで玉貸ボタンを押すと200円分の玉(というか1パチなので200玉ですね)出てきますので、200円単位としました。

2751

2801

等価だとボーダーは17.3回転となり、4パチの1000円分に匹敵するような印象があります。

しかし実際はDD北斗の場合は21.6回転と20回転を軽くオーバーしていますので、匹敵はしていません…

27.5玉交換だと、1パチのボーダーラインは18.5~19.0回転となります。

200玉でこれだけ回ろうとすると、結構な回転数ですね。

28玉交換だとさらに上回り、18.7~19.4回転となり、20回転の大台に近くなります。

どう考えてもDD北斗のライトミドルはスペック設計が辛すぎるので、これだけ回る台を探すのは大変だと思います。

1パチは4パチよりも渋めの設定なので、相当苦労しそうです…

⇒パチンコ『DD北斗の拳~黒王(1/219ver)』スペック解析の続きへ