IMG_4721

大一『バイオハザード0スウィートver(甘デジ1/129)』9月6日導入か!?

スポンサードリンク

バイオハザード0は今年の5月にMAXタイプとライトミドルが同時に導入されましたが、速攻で甘デジの発表が来ましたね。

MAX、ライトミドル共に人気はイマイチだったため、早くの甘デジ導入となったのだと思います。

思えば大一さんは最近はMAXタイプばかりですもんね…結構キツい印象しかありません。

ライトミドルやミドルとの同時導入もアリですが、MAXがあるとどうしてもMAXを導入してしまうのがホールの傾向なので、なかなか難しいですね。

とは言え明菜といったモンスターマシンを抱えている大一さんですから、いろいろとチャレンジして頂きたいものです。

では早速、スペック解析から見ていきましょう!


【スペック解析】

バイオ0スペック

ゲーム性としては何ら変わった印象はありませんね。

今までと同じV-STタイプとなっているようです。

初回の確変は55%ですが、非確変時に時短50回ついてくるため、トータルすると連チャンモード突入率は約69%となります。

初当り確率1/129でも意外に引き戻すんですね~時短50回だと引戻し率は約32%となっています。

連チャンモードに突入すると、電サポ100回の継続率77%ループとなります。

1回あたりの出玉は少ない(16Rでも1000発程度)ですが、65%で16Rとなるため、塊はできやすい印象です。

如何に少ない出玉のランクアップ(RUB)を避けて、大出玉を勝ち取れるかが勝負となりそうです。

⇒⇒一撃性能は?期待値、ボーダーラインはどうなる?次ページで紹介!