pc_1125x570_A

ニューギン『グラップラー刃牙~刃牙ver~(MAX)』10月5日の週に導入か!?

スポンサードリンク

提供元:名無様

刃牙と言えば少し前にパチスロで登場しましたが、あまりぱっとしなかったイメージがあります。

しかし原作は非常に人気があり、ファンも根強いようです。

今回はニューギンさんがパチンコとして登場させて、刃牙の史上最強っぷりを見せてくれるとのこと!(パチスロもニューギンさんだったような気がしなくもないですが)

しかも!2つのMAXタイプを同時リリースという、かつて北斗しかやらなかった(今は北斗もやってませんが)大冒険を実行!

今回は主人公である刃牙にスポットをあてた、刃牙verを見ていきたいと思います!

⇒もう1つのMAXスペック、オーガverのスペック解析はこちら!

ではスペック解析いってみましょう!


【スペック解析】

刃牙verスペック

刃牙は2スペックとも確変ループタイプですが、刃牙verは継続率重視とのこと。

確変割合77%、時短100回込で約82.1%となります。

しかも連チャンモード中は確変も非確変も全て15Rとなるため、なんと15Rが約82.1%でループするという、超一撃破壊力を持っています。

連チャンするごとにドル箱が1つずつ積みあがっていくと言うイメージですね。

しかし、気になるのは連チャンモードまでの道のりです。

当然初当りも確変割合は77%なのですが、電サポがつくには突確を含めても43%しかなく、他は全て電サポがつかない状態となってしまいます。

しかも初当りの出玉は上アタッカーとなっているため400発程度しか得られません。

高確率は1/40と高い方なのですが、この潜伏ループに絶えないといけないのは結構な苦痛になると思われます。

連チャンモードへの道のりは、まさに茨の道というわけです。

⇒⇒一撃性能は?期待値、ボーダーラインはどうなる?次ページで紹介!