嘘喰い


 タイヨーエレック『嘘喰い』4月上旬導入決定か!?

スポンサードリンク

エレックさんから登場するのは嘘喰いです。

何でも今もまだ連載中の漫画ということで、かなりホットなコンテンツとなっているようですね。

スペックはMAXタイプですが、今流行りのV-STではなく、純粋な確変ループ機のようです。

今の主流とは異なりますから、いろんな意味で差別化が図れているようにも感じますね。

では早速、スペック解析を見てみましょう!


【スペック解析】

嘘喰いスペック

これはかなり強烈な機械ですね。

サミーさんが数年前に獣王からつくった、高出玉の流れを受け継いでいるようなスペックですね。

その後、平和さんの猪木やルパンでも採用された2400発バトルループ機です。

今は真花の慶次がつくった高継続に注目が集まっており、ちょっと時代とは違うタイプかなと感じてしまいます。

流行りに乗ってないと言ってしまえばそれまでですが、また嘘喰いをきっかけに高出玉の波が来るかもしれませんからね。侮ることは出来ないと思います。


【実戦シミュレーション『嘘喰い VS 真花の慶次』】

嘘喰い実戦シミュ

今をときめく真花の慶次と比較をしてみましたが、なかなかどうにも慶次に勝てませんね。

とはいっても、そこまで違うわけではないため、一つの差別化としては、こういうスペックもまだまだいけると感じます。

非確変時の時短が0という思い切ったタイプではありますが、実はSTだって同じようなものなのです。

ただカウンターに上がる数字が異なるため、違った印象になってしまう、という感じなのですが。


【期待値(ボーダーライン)】

嘘喰い期待値

ボーダーラインとしてはちょっと辛めの17.1回ですが、普通の範囲内だと思います。

見極めラインは16.5~19回転、22回転以上回ったら打ち続けられそうです。

MAXタイプなので、とても荒れるかと思いますので、あくまで参考までに…


【まとめ】

  • 嘘喰いは今や絶滅寸前の2400発特化バトルタイプ!
  • V-STタイプとはまた違う一撃性能がある
  • 意外にこういうタイプは求められているので、絶滅はしなさそうです