スポンサードリンク

MAXタイプで人気を博したあの哲也が、スペックを大幅に進化させて帰ってきました。

今回は2つのアタッカーを搭載しており、出玉の差をつけることで出玉性能をさらに高めています。

では早速、スペック表をどうぞ!


【スペック表】

哲也2スペック一覧


初当りの出玉無し割合が低い代わりに、連チャン中の出玉が大幅上昇!

MAXタイプっぽく、初当りの設定が厳しくなっており、初めから電サポがつくのはたったの63%しかありません。いきなり出玉が得られる確率で考えると、約1/630と非常に辛くなっています。これぞMAX!という感じですね。

そしてその恩恵を受けるのは連チャン中の出玉。2400発大当りは約50%、他のラウンドもあってかボリュームは抜群です。

ちょっとわからないのは時短の構成。18,36,54,72回となぜか18回刻みになっています。どんなゲーム性になっているか楽しみですね。

では、それぞれの時短回数による引き戻しの割合を記載しておきます。


  • 時短18回: 約4.5%
  • 時短36回: 約8.7%
  • 時短54回:約12.8%
  • 時短72回:約16.7%

ほぼ時短は18回のようですが、そもそも非確変20%に対して突然確変が10%あるため、時短に突入しても約1/3が確変状態なので侮れませんね!

では続いて実戦シミュレーションです。


【哲也2実戦シミュレーション】

哲也2実戦シミュレーション

さすがと言うべきか、非常に高い万発達成率を誇っています。勝率が低いのはMAXだから致し方ないですが、それを上回る連チャン性能となっています。

…というか、これは北斗の拳(拳王)よりも良い性能になっているような…

哲也2VS北斗6

北斗の拳(拳王)よりも全てにおいて値が良いではないですか!

実戦シミュレーションをする際は、全てボーダー値でやっていますので、単純に考えて1万発達成に適しているスペックと言えます。


再び伝説が始まるのか…

前作哲也もかなり人気がありましたが、今回も基本的なゲーム性に変化はないようです。

人気だった旅打ちモードも健在らしいですね。バトルはオリジナルキャラクターも参戦するようで、パワーアップしていること間違いなしです。

今作もあのリーゼントさんはきっとなかなか鳴いてくれないんでしょうけどね(笑)

【お知らせ】

パチンコ解析を行った機種の一覧表が完成しました!

ページの上の方にあるグローバルメニューより「パチンコ解析機種一覧表」からご覧いただけます!