IMG_4341

ニューギン『特命係長只野仁(甘デジ)』2月上旬に導入決定!

スポンサードリンク

あの大人気ドラマ特命係長只野仁のパチンコが去年MAXタイプとして登場しましたが、甘デジタイプとなって再登場します!

100%確変STというわかりやすいスペックながら、いろいろなオマージュ(良い意味で悪ふざけ)ができてた笑える機械でした。

正直、某よしもとタウンよりも面白いネタ仕込んでると思います(笑)

甘デジになっても100%確変STとなっているので、遊びやすいこと間違いなしです。

ではスペックを見てみましょう!


【スペック解析】

特命係長スペック表

甘デジの100%確変STですが、海タイプとは違いずっとSTが続くタイプですね。

完全にMAXタイプと同じゲーム性になっています。

ただし連荘率は低めとなっており、50%となっています。

その代わり16Rの比率が50%となっていて、意外にも1箱モリモリするのは難しくなさそうです。

ただアタッカーが2つあるのですが、情報によると同じ出玉性能らしいです。

普通に考えると、アタッカーの形も違うので、性能は違うような気がします…

それでは、只野仁がどれくらいの一撃性能を持っているのか、甘デジ女王クイーンⅡと比較してみましょう!


【実戦シミュレーション『只野仁VSクイーンⅡ』】

特命係長実戦シミュ

おぉ…なんて只野仁はマイルドなんだ(笑)

やはり連チャン率50%というのがマイルドになっている一番の原因のようですね。

お小遣い破産率が10%を下回っているのは、きって初当りも連チャン中も16R比率が50%になってるからでしょうね。

かなり遊べるスペックになっているのがわかります!


【期待値(ボーダーライン)】

特命係長期待値

これだけマイルドに仕上がっているわけですが、ボーダーラインは18.6回と甘デジとしては一般的です。

見極めラインは17~20回転、24回転以上で打ち続けられそうです。


【まとめ】

  • 甘デジも100%確変STタイプを継承
  • 連チャン率50%と低いが、いつでも16R比率50%の出玉が得られる!
  • ボーダーは甘デジとしては標準的。
  • 小生もフンフンしたいぜ!