51LjYU0SP8L._SX354_CR2,3,350,300_

ニューギン『センゴク(ライトミドル)』11月16日の週に導入か!?

スポンサードリンク

サイボーグ009と言えば、ニューギン発信の時短突破型の代表機種となったわけですが、なんと同じニューギンさんから後継とも言える機種がリリースすることになりました。

センゴクは009とは全く違うモチーフの戦国時代が舞台となっていますが、パチンコのゲームシステムとしては009と同じ時短突破型となっています。

では早速、スペック解析からいってみましょう!


【スペック解析】

センゴクスペック

センゴクは009とは異なり、初当り確率が1/199と若干甘めの設定となっています。

ですが初当りからの確変割合は相変わらず(?)の0.5%しかありませんので、やっぱり時短突破型なのです。

保障される時短は100回となっており、引き戻せる確率は約39.5%です。

確変0.5%と合わせると、合算の連チャンモード突入率は約39.8%となります。

009よりも突入率は高く設定されていますね。

連チャンモードに突入するとST100となるわけですが、連チャンモード継続率は約87.6%となっています!

009は90%継続となっていたわけですが、センゴクの方が初期確率が甘くなっているため、これは仕方ないですね。


【実戦シミュレーション『VS009』】

センゴク比較

009の後継機ということですが、初当り確率の影響で全体的に009の方が強い結果となっています。

しかし、センゴクの方が突入率の高さと初当りの出玉が多いこともあり、少し遊びやすくなった仕様と考えれば、十分後継機を謳っても問題ないと思います。

50000発となるとちょっと厳しそうですが、30000発までは十分射程圏内だと思います。

009と同じく、ホールの最高連チャンを叩きだせるかもしれません!


【ボーダーライン(期待値)】

センゴク期待値

ヘソの賞球が2個となっているため、他の機種と比べるのはちょっと難しいかもしれません。

イメージとしては、16.5回というのは、結構回っているような印象に近くなってくると思いますね。

見極めラインは15.3~17.9回、21回転以上あれば勝負できるかと思います。


【まとめ】

  • ニューギンさんの新機種は、009の後継機となる時短突破型!
  • 初当りは少し甘くなっているものの、爆発力は十分!
  • ヘソの賞球が2個となっているため、ボーダーチェックの時は注意が必要!