三洋『戦国無双猛将伝(ライトミドル)』7月31日にリリース!

スポンサードリンク

戦国無双は人気アクションゲームであるわけですが、実にいろいろなメーカーからリリースされており、パチンコではお馴染みとなりましたね。

今回は三洋さんからの登場ということですが、今までとは違い、かなりクセのあるスペックでのリリースとなりました。

1種2種タイプを使っての『40%の2回ループ』という特殊なゲーム性となっていますので、しっかりとゲーム性も解析していきたいと思います!

それでは早速、スペックから見ていきましょう!


【スペック解析】

sengokuspec

1種2種タイプとなっていますが、普段から自力V入賞も狙えるスペックとなっており、図柄揃いとV直撃当りの2つの当り方が存在します。

2つの当り方を合算して、初当り1/159となっているわけですね。

まず図柄揃いですが、1/259で発生するようになっています。

大当りの振分については、約2割が連チャンモード突入となっており、8割は時短もなく(1種2種なので、時短=連チャンモードとなってしまう)終わってしまいます。

一方、V直撃当りであれば、およそ1/400と発生頻度は低いものの、5割が連チャンモード突入となっていますので、図柄揃いよりもお得な大当りとなります。

大当り出玉もV直撃当りの方が優遇されていますね。

さて!問題は連チャンモードに突入してからです。

連チャンモード中の大当りはほぼ時短1回となっていますが、特図2は保留が2つとなっていますので、1回の時短ですが2回転分のチャンスが得られます。

さらに!時短1回転目に保留を2つ貯めるわけですから、実はチャンスは3回あるのです!

小当り確率はおよそ1/2.5(これが40%!)となっており、小当り当選で連チャンモード継続となるわけです。

1回目に1/2.5の小当り抽選に漏れたとしても、まだ保留2つが残っていますから、残り1つの保留までに1/2.5の小当り抽選に当選できれば、同じく連チャンモード継続というわけですね。

1/2.5の抽選が3回スルーされるまで続くわけですから…


連チャンモード継続率は、78.4%!

なかなか高いですね~!

あれ?65%規制は大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃると思います。

おそらくですが、時短は2回転なので、チャンスは2回として計算していると思われます。

チャンスが2回であれば、2回40%をスルーするわけですから、


連チャンモード継続率は、64.0%!

ということになるわけです。

この1回転が大きく継続に左右するわけに、こういう抜け穴のようなことがまかり通ってもいいのか?ちょっと考え物だと小生は思います。

⇒抜け穴をクリアした高継続タイプ!ボーダーと勝率は次ページへ!