提供元:平和チャンネル様


平和『戦国乙女~花(1/319)』導入は2016年1月濃厚!

スポンサードリンク

パチンコ戦国乙女の第4弾となる花ですが、ついにスペックが判明しましたね。

アタッカーを2つ搭載しており、連チャン中は2000発大当りを誘発させるシステムとなっています。

スペック解析より、ボーダーラインと勝率が明らかになったので、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

spec

1/319の現行MAXスペックとなっています。

戦国乙女は確変ループのイメージがありますが、やはり花でも確変ループの仕様にしてくれましたね。

最高継続率の65%に時短100回付加されるタイプです。

これは初当りでも連チャンでも同じとなっており、異なるのは確変大当り時の出玉性能ですね。

肝となるのは2000発となる16R確変ですが、下アタッカーでの消化となります。

上アタッカーと下アタッカーは賞球数は同じであるものの、カウントが異なります。

2C差があるので、1Rあたり約30個の差となります。

これが16Rとなるとおよそ500個の違いとなるので、これは大きいですね。

上アタッカーは通常大当りの可能性がありますが、同時にランクアップボーナスでも使われる様ですね。

連チャン継続率については、確変65%に時短100回(引戻し率約26.9%)となるので、


連チャン継続率は、約74.4%!

初当りでも高い継続率となるので、これはかなりお得ですね!

但し、非確変時の出玉は払出しで約700個しかないので、ちょっと寂しいところです。

2000発大当りはルパンに任せておいて、乙女なら非確変でもガッツリ出玉を保障して欲しかったなと思いますね。


【実戦シミュレーション『VS花の慶次X』】

ライバルになるであろう、慶次Xとの一騎打ちです。

hikaku

おぉ…全体的に乙女が上回る結果となりました。

非確変時の出玉は寂しいものの、慶次はもっと少ないですからね。

時短引戻し率の高さを考慮すると、非確変時の出玉も影響していると考えられます。

昔の超高継続スペックであれば、非確変時の出玉は割合が低いため無視することができましたが、今は全体のおよそ1/3を占める非確変ですから、あまりおろそかにできないと思います。


【ボーダーライン(期待値)】

kitaichi

ボーダーラインとしては、等価だと19.0回転、非等価だと20~21回転となり、現行MAXタイプとしては標準的かなと思います。

特にMAX8とか特殊なことをしているわけではないので、標準的なのは逆にありがたいですね。

どうしても萌え系パチンコは辛い設計になりがちですからね…


【まとめ】

  • 戦国乙女花はパチンコ戦国乙女シリーズ第4弾!
  • 確変ループでありながら、2000発偏向型!
  • 一撃性能は高く、慶次Xをも凌駕する!
  • スペック設計は萌え系には珍しく標準的!ありがたい…