eva9

 ビスティ『エヴァンゲリオン91/180ver』9月5日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

エヴァ9はMAXタイプを始め、甘デジ、ミドル、ライトミドル2つと既に5つリリースされています。

そしてさらにライトミドルを投入しようと言うのですから、これはエヴァ史上最大のシリーズということになります。

しかもライトミドルですからね…

確かに1/180は初めてであり、コンセプトも今までとは違いますが、小生らユーザーには「またか」と思ってしまいます。

65%継続規制の第1弾ということなので、スペックを見てみることとしましょう。


【スペック解析】

eva9180spec

ST+時短のスペックとなっています。

STは30回で引戻し率が約55.7%、時短は70回で引戻し率が約32.4%となります。

但し、初当りの場合は電サポが30回の場合があり、STだけの勝負となります。

エヴァ9伝統の通常時からの8個保留はそのままのようですから、特図1と特図2のどちらで大当りするかによって、振分けが異なってきそうです。

それでは初当り時の特図1と特図2の大当り振分を見てみましょう!

eva9180ooatari

特図1は5R確定、特図2だと15R、8R、5Rのいずれかとなります。

問題の電サポ回数ですが、特図2で当ったからといって電サポ100回が保障されるわけではないみたいです。

ただ特図2の方が有利であることに変わりはありませんし、15Rを引けば問答無用で電サポ100回となります。

ちなみに電サポが30回だと引戻し率は約55.7%ですが、電サポが100回になれば、ST+時短となり、約70%となります!


【実戦シミュレーション『VSエヴァ10ライトミドル』】

eva9180hikaku

同じタイミングでリリースされる予定のエヴァ10のライトミドルと勝負してみましょう!

エヴァ9は100%STとなるため、波が穏やかな部類に入ります。

従って、エヴァ10の方が一撃性能は上となりました。

勝率は安定しているエヴァ9となっているので、好きなタイプを選べるようですね。

⇒エヴァ9の気になるボーダーラインは?期待値は?勝てる勝率は?次のページへ続きます!