rE3B3xXyXPPtvWw1424220704_1424220731

高尾『貞子3D(甘デジ)』10月4日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

貞子3DはMAXの他にもライトミドルが既にリリースされており、甘デジで第3弾となります。

ホラー物は藤商事さんだけの十八番かと思われていましたが、高尾さんも奮闘しているようですね。

それでは早速スペック解析にまいりましょう!


【スペック解析】

貞子3D甘スペック改良

甘デジということで、初当り確率は1/99となっています。

ゲーム性は特に変わらないV-STタイプとなっていますが、初当りの確変割合は52%。

非確変時には時短がありますが、ここには振分けが存在します。

20回、30回、40回とあるわけですが、それぞれの引戻し率を以下に示しておきます。


  • 時短20回…引戻し率約18.2%
  • 時短30回…引戻し率約26.1%
  • 時短40回…引戻し率約33.2%

時短が40回あれば3回に1回は引戻しとなりますが、割合を考えると半分以上は時短20回となってしまいます。

それでも引戻し率が2割程度あるので、侮れませんね。

トータルの連チャンモード突入率は、約62.6%となります。

連チャンモードに突入すると、ST55回となりますが、継続率は約72.1%となっています。

大当り振分けは約2/3で6Rですが、残り1/3で10R以上となるため、1回の大当り出玉に比重を置いていることが分かりますね。

連チャンするのも大事ですが、この1/3の大出玉をどれだけ引けるかが1つのポイントになりそうです。


【実戦シミュレーション『VSGO!GO!マリン』】

同じV-STということで、マリンを対決させてみることにしました!

貞子3D甘デジ比較

マリンはヘソが1個賞球ですが、なんと貞子3Dが全体的に勝る結果となりました。

甘デジであるにも関わらず、少し初当りからの連チャンモード突入率が低く、代わりに一撃の性能を高めている傾向があるように思われます。

初当りに時短の振分けがあるタイプは、大抵初当りからの引戻し率が低くなっています。

設定できる時短が少ないから、わざと時短の多い当りを少しだけ作り、誤魔化しているわけです(笑)


【ボーダーライン(期待値)】

 貞子3D甘デジ期待値

ボーダーラインとしては16.9回と、甘デジとしては少し甘い設計となっているみたいです。

実はMAXタイプとほとんど変わらないのですよね…

最も甘デジの方が大賞し難いため、全ての期待値における回転数が同じと言うわけではありません。

見極めラインは15.6~18.4回、勝負するのであれば21.5回転が目安になりそうですね。


【まとめ】

  • 貞子3Dの甘デジは、同じタイプのV-STスペック
  • 初当りからの連チャンモード突入率は低いが、連チャンモードの一撃性は高い
  • ボーダーラインはMAXとほぼ同じで甘デジとしては甘い