ジェイビー『パトラッシュJ BLUE(甘デジ)』1月22日リリース決定!

パトラッシュは今までの歴史において、MAXスペックとライトミドルスペックしか存在していませんでした。

MAXはレッド、ライトミドルはグリーンという異名を持っているくらいです。

そしてついにパトラッシュも甘デジの時代になったのです…

甘デジの異名は、ブルーです!

⇒ついにパトラッシュに甘デジBLUEが適合!

というわけで、パトラッシュの甘デジがついにリリースとなりました。

ちゃんと泣きの1回はあるようなので、早速スペックを見ていきましょう!

スポンサードリンク

patrush-j


【スペック解析】

スペック

初当り1/99のパトラッシュ伝統の安心ST確変100%のスペックとなっています。

初当りも連チャン中も大当りの振分は同じとなっていて、14Rと4Rの振分けは50%ずつとなっています。

連チャンモード継続率については、高確率1/49.1に対してSTは51回となっており、継続率は約65.0%となっています。

ちなみに電サポは50回で終了するため、残りの1回転は伝説の『泣きの1回』となります。

この泣きの1回で大当りする確率は約1/49となっており、約2.04%となっています。

ここで当りが引けたら自慢できるレベルですね!

Sponsored Link


【実戦シミュレーション『VSクイーンⅡ、ソフトオンデマンド』】

新台となるクイーンⅡとソフトオンデマンドと勝負してみましょう!

hikaku

クイーンⅡに一歩(二歩?)及ばない結果となりましたが、これはパトラッシュの1回当りの出玉が少ないのが原因かなと思います。

アタッカー賞球8個、7カウントとなっているため、14Rでも純増660個しかありません。

割合は低いながら大出玉のあるクイーンⅡに軍配が上がったことになります。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでおり、27.5玉と28玉がありますので、両方の解析を行っております。

また、最近は1円パチンコにも新台が導入されるため、1円パチンコも完全対応です!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは21.1回転となっており、甘デジとしてはちょっと辛めとなっています。

ヘソ賞球が5個ということもありますが、やはりスペック設計としては辛めになっているようです。

27.5玉だと22.5~23.2回転、28玉だと22.8~23.6回転がボーダーラインとなります。

目安は23回転となりそうですね。


『1円パチンコ』

2751

2801

1円の場合、等価におけるボーダーラインは16.9回転となります。

27.5玉だと18.0~18.6回転、28玉だと18.2~18.9回転となり、目安としては18回転となりそうです。


【まとめ】

  • ついにパトラッシュに甘デジBLUEがリリース!
  • ゲーム性は全く変わらず、ちゃんと泣きの1回と搭載!
  • 一撃性能はそこまで高くないものの、パトラッシュのゲーム性は安心そのもの!
  • ヘソ賞球5個であるが、スペック設計は辛め!

【甘デジランキングはこれだけじゃない!甘デジを制覇せよ!】

甘デジランキングは、2016年リリースの機種からほぼ全ての機種に対応しています。

甘デジはホールに設置されている期間が長いので、今からでも遅くありません!

全ての甘デジランキングの歴代まとめ一覧を作成したので、一度チェックしてみてくださいね。

⇒【パチンコ勝てる甘デジ】歴代おすすめランキングまとめ一覧!2016年からの甘デジはおまかせ!

Sponsored Link