西陣『麻王(1/67ner)』2月12日リリース開始か!

西陣さんは老舗メーカーであるため、数々の名機を持っているのですが、麻王もその1つとなっています。

まだ液晶が出始めたころの機種であり、麻王の「麻」は麻雀のことを指しています。

今回は名機とは似つかぬ萌えキャラをひっさげての凱旋となりましたので、早速スペックから見ていきましょう!

スポンサードリンク

001


【スペック解析】

無題

間違いなく名機麻王は甘デジなんかではなかったはずですが、打ちやすいように甘デジスペックとなっています。

しかも、1/99ではなく1/67というかなり打ちやすいところまでハードルを下げていますね。

初当りは甘いのですが、実は波が非常に荒いスペックなので、順番に紹介していきましょう。

まず初当りは1/67ですが、初当りの確変割合はたったの10%しかありません。

非確変を引いてからの時短突破型となるのですが、残念なことに時短はたったの10回。

1/67の時短10回の引戻し率は約13.9%となり、意外に引ける数字となっています。

初当り確変の10%と合わせてみると、

連チャンモード突入率は約22.5%!

1/4にすら届かないため、ちょっとキツいイメージがありますね。

初当りが軽いので、何度もチャレンジすることになりそうです。

一方、晴れて連チャンモードに突入できれば、ST10回+時短60回の電サポ70回のスペシャルタイムへ移行します。

STの引戻し率は継続率規制ギリギリの65%、そして時短60回の引戻し率は約59.2%となりますので、

連チャンモード継続率は、約85.7%!

これはかなりの高継続となりますね。

大半は5Rとなるものの、15Rの割合もおよそ2割あり、偏れば一撃の出玉に期待が出来そうです。

15Rでも純増630個しかないので、チリツモタイプと言えますね。

Sponsored Link


【一撃爆発力勝負!実戦シミュレーション『VS織田信奈の野望』】

最近だと1/70付近の台は織田信奈くらいだったので、織田信奈と勝負してみましょう!

hikaku

織田信奈は100%確変STなので、麻王が勝つのは当然かもしれません。

しかし驚くことに、0.4%と低いものの30000発オーバーが出ています!

1/99の甘デジですら辿り着かないことが多い領域であるだけに、麻王の底知れない一撃性能が垣間見えた様な気がします。


【ボーダーライン(期待値)】

非等価が進んでいるため、27.5玉と28玉でのボーダー解析を行っています。

更に最近は1パチでの新台導入もありますので、4パチと1パチ両方対応しております!


『4円パチンコ』

2754

2804

等価におけるボーダーラインは20.2回転となり、1/67の甘デジということを考えると妥当ラインかなと思います。

非等価だと27.5玉では21.6~22.4回転、28玉では21.9~22.7回転がボーダーとなります。

22回転前後が目安となりそうですね。


『1円パチンコ』

2751

2801

等価のボーダーラインは16.2回転となります。

非等価の場合は、27.5玉だと17.3~17.9回転、28玉だと17.5~18.2回転がボーダーとなります。

目安は18回転前後となりそうです。

1パチだと単価が200玉に下がるため、見た目回転数は低くなりますが、甘くなっているわけではないので注意してくださいね。


【まとめ】

  • 西陣さんの名機麻王が1/67甘デジで復活です!
  • 初当り確率は甘いが、時短突破の超高継続スペック!
  • 一撃性能も高く、30000発が狙えちゃうかも!
  • ボーダーラインは辛めだが、1/67のスペックであれば許容範囲です。

【甘デジランキングはこれだけじゃない!甘デジを制覇せよ!】

甘デジランキングは、2016年リリースの機種からほぼ全ての機種に対応しています。

甘デジはホールに設置されている期間が長いので、今からでも遅くありません!

全ての甘デジランキングの歴代まとめ一覧を作成したので、一度チェックしてみてくださいね。

⇒【パチンコ勝てる甘デジ】歴代おすすめランキングまとめ一覧!2016年からの甘デジはおまかせ!

Sponsored Link