image10

 大都技研『押忍!ど根性ガエル(甘デジ)』8月22日リリースか!?

スポンサードリンク

甘デジど根性ガエルのスペック解析完了です!ボーダーラインも解析完了しました!

こんにちは、管理人のshinomaeです。

ちょっと唐突ですが、懐かしいど根性ガエルの甘デジがリリースされるとのことです。

去年の秋に1/399のMAXタイプでリリースされ、冬に1/319の新MAXや1/239のミドルスペックがリリースされましたが、もう今では全く見る影もなくなってしまいました。

MAXタイプのリリースからおよそ1年経ってからの甘デジ導入となったわけですが、ちょっと注目度合いで行くと低めですね。

しかしスペックはなかなか遊べそうな作りになっているので、早速スペックから見ていきましょう!


【スペック解析】

spec

ヘソ5個賞球という遊びやすい甘デジです。

初回の確変割合が15%というほぼ時短突破スペックとなっているものの、時短が70回もあるので、引戻し率は約50.6%となかなか高くなっています。

そして出玉も7Rで純増およそ400発もらえるわけですから、優しいスペックになっていると言えます。

初当りの確変割合は15%となっているので、


連チャンモード突入率は、約58.0%!

連チャンモードに突入すると、100%確変のSTタイプとなり、電サポは同じ70回ですがST34回+時短36回という構成となります。

ST34回の引戻し率は約55.2%、時短36回の引戻し率は約30.4%となっており、


連チャンモード継続率は、約68.8%!

甘デジとしては、なかなか高い継続率となっています。

連チャン中の大当りは15%が16Rとなっているため、連チャン中に1回くらいは引いておきたいところですね。

純増約900発あるため、ドル箱いっぱいにする近道となっています。


【ボーダーライン(期待値)】

kitaichi

ボーダーラインは等価で19.8回、非等価で21~22回転となりました。

ヘソ5個賞球ということを考えると、ちょっと甘めな設計かなと思います。

あまり甘いと回転率を落されてしまうため、ヘソ賞球が多いこともあって、なかなかヘソに玉が入らない現象が起こりやすくなります。

ヘソに玉が入らなくても、ボーダーを下回っているとは限らないので、ちゃんと回転数はチェックして頂きたいところです。


【まとめ】

  • 久し振りの大都さんの甘デジは、ど根性ガエル!
  • 時短突破タイプでありながら、保障時短回数が多いのは嬉しい!
  • 連チャンモード継続率は甘デジとしては高め!大出玉も十分狙える!
  • やっぱりスペック設計は甘い模様!ヘソ賞球も多いので回転数のチェックは入念に!