image10

大都『押忍!ど根性ガエル(新MAX)』2月8日の週に導入予定か!?

スポンサードリンク

ついこないだ出たばかりのど根性ガエルですが、もう新MAXのリリースの発表があったようですね。

大都さん自体最近は吉宗を中心としてパチンコのリリースも活発になりつつありますが、ちょっと出すのが早いような気もします。

しかも甘デジじゃなくて新MAXですからね…ちょっと不思議だったのですが。

ちょっと色々と関係者の方と話をしてみると、意外な話が浮上しました。

それは、少し前に出ていた、現在のホールにあるパチンコのMAXタイプを全て撤去するという話に対応して、代替え品として新MAXを急いで用意していたのでは?という憶測でした。

なるほど…それならこの超スピードは納得できちゃいますね。

新しくパチンコを作るのは時間がかかるでしょうから、既にリリースされているMAXタイプをそのまま新MAXにしちゃえ!ということなのでしょうね。

もちろん、この話はあくまで憶測なので、本当かどうかはわかりません。

しかし賞球やカウント、大当り割合を変えただけのソフト関連対応のみですので、可能性は十分あると思います。

それでは早速、スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

ど根性ガエル319スペック

初当り確率は新MAXということもあり、1/319となっています。

2月リリースということですから、まだ確変継続率65%の規制も適応されないため、のびのびと継続率約81%を実現させています。

ST160回で1/97.4を引くことになるため、ちょっと連チャンスピードは遅くなる懸念はありつつも、MAXタイプと同じ16R比率77.7%は継承されているので、出玉感はあるかなと思いますね。

初当りについては、確変割合53%とMAXタイプより若干低いものの、非確変時の時短100回による引戻し率が約27%と上がっているため、


初当りの連チャンモード突入率は約65.6%!

約3回に2回は連チャンモードに突入してくれます。


【実戦シミュレーション『VSクイーンズブレイド2』】

新MAXが導入されて1ヶ月以上経過しましたが、まだまだ人気を誇るクイーンズブレイド2を対戦相手に戦ってみました!

ど根性ガエル319比較

5000発GET率だけ勝てたものの、10000発GET率で引分け、それ以上になるとクイーンズブレイド2に負けてしまいました。

どちらもV-STタイプだったのですが、クイーンズブレイド2の方が連チャンモード突入率が低くなっているので、その分連チャンの破壊力が高めになっているようです。


【ボーダーライン(期待値)】

ど根性ガエル319期待値

ボーダーラインは18回転となっており、クイーンズブレイド2とほぼ同等となりました。

(クイーンズブレイド2のボーダーは18.2回)

RAVE2も同じくらいなので、新MAXのV-STスペックはこれくらいが一つのベースとなっているようですね。

見極めラインは16.5~19.7回、勝負するのであれば23.6回転欲しいところです。


【まとめ】

  • ど根性ガエルの新MAXは、MAXタイプが元になっているぞ!
  • 連チャン性能はクイーンズブレイド2より少し低いものの、突入率が優遇!
  • ボーダーラインは他のV-STタイプと近くなっているぞ!
  • 他にも1/239スペックもスタンバイ中らしい…!