西陣『さくらももこ劇場ミラくるずきんちゃん(甘デジ1/129)』11月13日ホールデビュー決定!

1/89の甘デジで人気があったミラくるずきんちゃんですが、同じ甘デジで1/129verをリリースすることが決まったようです。

ゲーム性は1/89verと特に変わらないとのことなので、早速スペック解析からいってみましょう!

スポンサードリンク


【スペック解析】

miraclezukinchan-500x230

spec

初当り確率が1/129となったわけですが、初当り確変100%のSTスペックは同じとなっています。

少し違うのは、初当りにおけるST潜伏が無くなったところでしょうか。

1/89verではST40回に対して電サポは30回しかなかったため、電サポ後の10回転は完全に潜伏状態となっていました。

しかしそれがあまり人気が無かったのでしょうね、今回はST50回に対して電サポも50回となっています。

大当り割合は1/89verと同じく、16R,12R,8R,4Rの構成となっていますが、アタッカーの賞球とカウントが変更になったことで大当り出玉は全体的にアップしています。

初当りにおいてはST50回での引戻し率が連チャンモード突入率となりますので、


連チャンモード突入率は、約48.5%!

連チャンモードに突入すると、ST50回に加えて時短50回さらに追加となるため、トータルの電サポは100回となります。

時短50回の引戻し率は約32.1%となりますので、


連チャンモード継続率は約65.0%!

およそ2/3で連チャンが継続してくれることになります。

連チャンモード中は大当り割合が優遇され、16Rの比率が初当りの1.5倍となりますので、大量出玉獲得のチャンスとなります。

Sponsored Link


【爆発力勝負!VSミニミニモンスターVSFバニー&バニー】

初当り確率1/120付近は最近増えてきており、少し前に導入されたミニミニモンスターとFバニー&バニーと勝負していきたいと思います!

hikaku

残念ながらミニミニモンスターが圧勝という形となりました。

かなり連チャンモードが強めになっているミニミニモンスターですが、勝率も安定しているという夢のようなスペックになっています。

ミラくるずきんちゃんも安定感はバツグンなのですが、初当りからの連チャンモード突入率が50%を下回っているのは大きなマイナスポイントになってそうですね。


【ボーダーライン(期待値)】

もうおなじみになってきましたが、非等価が進んでいるので、2大交換率である27.5玉と28玉それぞれにおいてボーダーラインと期待値を解析しています。

また1パチにも対応していますので、参考にして頂ければと思います。


4円パチンコ

2754

2804

等価におけるボーダーラインは19.4回転となっており、ヘソ賞球4個の甘デジとして見ると、比較的甘めかなと思います。

とは言っても、27.5玉だと20.7~21.3回転、28玉だと21.0~21.7回転となるので20回転は最低でも必要となってしまいます。


1円パチンコ

2751

2801

等価におけるボーダーラインは15.5回転となります。

1円パチンコは200円単位となっており、200玉での回転率となりますので、少し低めに見えます。

27.5玉交換だと16.6~17.0回転、28玉交換だと16.8~17.4回転がボーダーとなるため、目安は16~18回転となりそうです。


【まとめ】

  • 1/129のミラくるずきんちゃんがホールデビュー決定!
  • ゲーム性はそのままながら、ST潜伏が無くなった良バージョン!
  • 一撃性能は低いものの、100%確変は好感が持てます!
  • ボーダーは標準~やや甘めなので、安心して攻めれそうです!

Sponsored Link