haruichiban_koikoieight-530x237

西陣『春一番~こいこい八でありんす~(ライトミドル)』9/6リリース!

スポンサードリンク

春一番の新台は甘デジが中心となっていますが、なんとライトミドルも同時リリースとなっているようです。

甘デジ同様、通常時は8個保留となっており、特図1と特図2は交互の変動となりますが、振分けも変わっているようです。

早速スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

春一番ライトスペック

ライトミドルと言うと大当り確率は1/199がメインですが、少し甘い1/179となっています。

甘デジ同様100%確変のSTになっているので、遊びやすそうです。

連チャン継続率は66%となっているため、初当りから連チャンに期待が持てそうですね。

通常時は8個保留ということですが、特図1で当ると15Rの割合は低くなっているようです。これも甘デジと同じですね。

一体8個保留による特図1と2の大当り振分けがどうなっているのか、以下にまとめてみました。

春一番ライト振分け

特図1ではたったの4%と低くなっていますが、特図2では30%となっているので、何としても特図2で大当りさせたいところですね。

甘デジと同じく特図1にしかない4Rがあるので、やっぱり特図1は残念な感じがしますね。

突確はどちらもありますが、甘デジと違い特図2は比率が低くなっています。

約2倍の差があるので、連チャン性能が高くなっていますね。

では続いて、実戦シミュレーションにいってみましょう!


【実戦シミュレーション『春一番 VS 大海物語BLACK』】

100%STのライトミドルと言うことで、ホールでも人気のある大海BLACKと勝負してみました!

春一番ライト比較

大海BLACKに比べて16R比率が高いため、春一番が勝つかと思いましたが、有利になったのは10000発までで、それ以上は負けてしまいました。

連チャン中の2Rと、初当りの甘さが敗因となったようですね。

とは言っても100%STのライトミドルというカテゴリーに変化はないため、そこまで性能が異なるわけではありません。

では続いて、ボーダーライン&期待値です。


【ボーダーライン(期待値)】

春一番ライト期待値

ボーダーラインは甘デジよりも甘いものの、19.9回とやはり辛めの設計となっています。

甘デジ同様、あまり辛いとホールでの扱いが心配になってしまいますね…

見極めラインとしては18.2~21.6回、勝負するのであれば25.5回転欲しいところですね。


【まとめ】

  • 春一番のライトミドルは甘デジ同様、100%確変STの遊びやすい仕様!
  • 通常時8個だが、初当り、連チャン中共に15R比率が肝になりそう!
  • 甘デジ程ではないが、ボーダーはすごく辛い!勝負するのは難しいかも…
  • 西陣さんは甘デジだけじゃなくて、全体的に辛い印象があります…