IMG_5463

三洋『ギンギラパラダイス4SUNSETver(甘デジ)』4月11日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

今作のギンパラはかなり幅広く活躍してくれましたが、ついに甘デジの登場となりました。

V確変ループでも登場したわけですが、やっぱり甘デジはSTタイプ…

…ではありません!

時短突破型タイプは前作の甘デジもそうだったのですが、なんと今回は3回セットタイプという新しい試みとなっています。

海シリーズに比べてギンパラは何でも許される風潮があるので、思い切ってチャレンジしたのでしょうね。

それでは早速スペックから見ていきましょう!


【スペック解析】

ギンパラ甘スペック

初当り1/99の甘デジですが、初当りの確変割合は0%となっており、とにかく時短で引き戻す必要があります。

時短には100回、75回、50回、25回の4種類あり、いかに多くの時短をGETできるかが勝負の決め手となりそうですね。

ちなみに時短による引戻しは以下の通りです。


  • 時短100回:引戻し率約63.4%
  • 時短75回:引戻し率約53.0%
  • 時短50回:引戻し率約39.5%
  • 時短25回:引戻し率約22.2%

時短75回で50%オーバーの引戻しとなるので、最低でも75回は引きたいところ。

ちなみに初当りのラウンドによって時短の振分けが異なり、8Rであれば時短50回以上が確定します。


初当りからの連チャンモード突入率は約34.7%!

一部の雑誌やネット上では約37.3%と報じていますが、あれば時短抜け後の保留4個を加味しているため、少し高い数値となります。

時短回数だけで計算しているため、小生の場合は少し低くなっているわけです。

連チャンモードに突入すると、3回セットとなりますが、ほとんどは8Rや4Rとなるため、そこまで大きな一撃とはなりません。

しかしセット終了後の時短50回により、約40%でさらに3セットを獲得できるようになっています。

セット終了後の引戻しが運命の分かれ目となりそうですね!


【実戦シミュレーション『VS真花の慶次』】

特殊なセットタイプではありますが、慶次と比べてどうなのか?

早速調べてみましょう!

ギンパラ甘比較

なんと…ギンパラの完敗となってしまいました。

ギンパラは確かに初当りの確変割合0%となっていて、一撃性能は高そうなのですが、セットタイプというのは細く伸びにくいデメリットがあります。

当る時は3セットがそのままついてきてしまうため、荒れにくいのかもしれません。

キツそうな印象はあるものの、連チャンモードに入ると安定感が増すので、ちょっと不思議なスペックではありますね。

【ボーダー期待値】

ギンパラ甘期待値

ボーダーラインは等価で22.7回、非等価で25回転程度となりました。

ちょっとボーダーは辛めな感じがしますね。

どこかまだ隠されている秘密があるかもしれませんね。

判明次第、修正を行っていきます!


【まとめ】

  • ギンパラ4の甘デジは初のリミッターでセットタイプ!
  • 初当りの確変割合は0%で、とにかく時短で引き戻せ!
  • 連チャンモード突入で3回セット+時短50回あるので安定感抜群!
  • ボーダーは思ったより辛めなので、ちょっと注意が必要みたいです。