andromeda-dwarf-galaxy

高尾『ダークフォース(甘デジ)』6月6日の週にリリース!?

スポンサードリンク

まだ未確定情報となるのですが、高尾さんから出るダークフォースという機種が業界初の機能を搭載しているということで、いち早く解析を開始しました。

何でも『全球抽選』をコンセプトに掲げているようで、打った玉全てで大当りに絡む抽選を行うらしく、これはもう調べるしかない!となった次第であります。

入手した情報から、大当りや連チャンのフローを作ってみました!

ダークフォースフロー


【初当りまでの流れ】

まず打った玉は全てゲートを通過し、普図(電チュー)の抽選をするみたいですね。

普図に当選し、電チューが開放すると、初めて特図の抽選を受けることができる様です。

なんでも電チューの開放時間は約5.5秒となっており、最高で5個まで入賞します。

電チューの開放時間は最大6秒までと規則で決まっているので、多分5.5秒は現実的にギリギリを攻めたと思いますね。

最も、5.5秒あれば5個入賞させることは簡単なので、あまり難しく考えなくてOKです。

ちなみに5個というのは、1個入れるとすぐに特図の抽選が始まってしまうため、そこから4個保留MAXとなる、という意味です。

特図の大当り確率は1/19.2となっているので、5回転以内に大当りする確率は約24%ということになります。

見事大当りとなれば、14R、7R、2Rのいずれかになるみたいですね。


【連チャン中の流れ】

連チャンモードは転落抽選となっていますので、転落してしまう前に大当りすることが重要となってきます。

とはいっても電サポ50回は保障されているため、別に転落してしまっても50回転以内に1/19.2を引くことは簡単ですね。

しかし。

そんなことを考えていると、ある1つの疑問にぶつかります。

4月からは連チャン率に制限が入りますので、最大で65%までしか継続率を上げることが出来ません。

それなのに、大当り抽選1/19.2、転落抽選1/35.2と圧倒的に大当りを引くことが有利になっています。

ちなみに転落する前に大当りを引ける確率は約86%とかなり高くなっています。

従って、ある仮説が成り立ちます。

それは、


確変割合(連チャンモード継続)は100%ではない!

継続率65%を守ろうとすると、どれだけ高くても確変割合は75%までしか高くできませんでした。


確変継続率86% × 確変割合75% = 全体の継続率65%

ということですね。

時短についても継続率65%を守る必要がありますが、理論通り1/35.2で確変が転落した場合、残り保障の時短は15回転。

15回で1/19.2を引く確率は約55%なので、時短については何ら問題なさそうですね。

これはあくまで小生の仮説なので何とも言えませんが、多分こういうことなんだろうなと思います。

小生の仮説では、特図は確変も非確変もほぼ変わらない1/19.2だと考えています。

確変であれば幾らでも甘く設定することは可能ですが、高くしてしまうと確変継続率が高くなってしまい、確変割合を落さないと継続率65%を守れませんからね。


【まとめ】

  • 高尾さんの全球抽選はまさしく業界初のダークフォース!
  • まだわからないことが多いが、なんか新しい感じでワクワクします!
  • 今回の話はあくまで小生の仮説です。間違っていたら、また修正します!