14ea2e72

スポンサードリンク

出典:スロ速VIPチャンネル

BATMANといえば昔平和から出てましたが、メーシーから発売されることになりました。

メーシーは前回出したパチンコといえば「ミニオンゴッド」(ミリオンゴッドの甘デジ)だっただけに、めちゃめちゃ久し振りとなります。

ミニオンゴッドもぶっ飛んでましたが、今回のBATMANもぶっ飛んでます。だって転落抽選なんですもの!

では転落抽選のスペックをどうぞ!


【スペック】

BATMANスペック表


そもそも転落抽選の仕組みとは?

転落抽選というもの自体、あまり馴染みがないかもしれません。

有名なところでいくと、10年ほど前にニューギンから出た『じゃぶじゃぶビート』ですかね。2作前あたりのアクエリオンでも転落抽選は採用されていました。

転落抽選は当落抽選(大当りしてるかどうか)と同時に行うことは出来ないので、当落抽選の前後で行うことになります。

当落抽選を行い、ハズレだったら転落抽選をする、という仕組みならいいのですが、規則的には逆にしないといけないのです。

つまり、転落抽選を行い、その後に当落抽選を行うわけです。

これだけ聞くと特に違いが無い様に感じますが、例えば甘デジの海物語でST5回あったとして、ST最後の5回転目が1/10のはずがたまに1/100になってしまう時がある、というイメージです。

確変状態の回転数が1回転少なくなる可能性がある、ということになるんですね。

この影響は意外に大きいため、普通の確変ループやSTタイプと比べると爆発力が出にくく、結果的にあまりメーカーが出したがらないのです。

そんな中、『甘デジの常識を変える!』のキャッチのもと、BATMANが発表されたわけですから、注目せざるを得ませんね。


電サポはいつまで続く!?

スペック表には電サポは99回までと書いてありますが、『※』にも記載していますが99回転目の時点で低確率に転落していた場合の話となります。

もし99回転目の時点でまだ転落せずに高確率を維持できていた場合は、転落するまで電サポが継続することになります。

つまり、99回転目までは転落しているのかどうか判断できない(液晶の演出で煽りはあるようですが)ですが、100回転目以降は判断が可能となります。


出玉性能としてはどうなの?

どれくらいの性能になるのか、実戦シミュレーションを見てみましょう。

BATMAN実戦シミュ

転落というゲーム性は新鮮味がありますが、数字だけ見ると特徴がそこまであるとは思えませんね。

ただ1万発GET率が40%と高いので、16R比率が高いのが影響していそうです。

継続率も約72%と高いので、一撃の性能はありそうな気がします。

電サポ99回が転落しているのかどうかの演出を行っているため、退屈はしないかなと思います。

確変継続も転落も同じ1/79なので、どちらが先に当るのか!?ちょっとドキドキしますね。

但し、上記にある通り、先に転落抽選を行いますので、転落する割合が高くなります。

何はともあれ、新鮮味のあるゲームが楽しめるのは間違いなさそうです。

甘デジの常識を変えてもらおうじゃありませんか!

【お知らせ】

今まで行ってきたパチンコ解析について、機種一覧のページが完成しました!

話題の新機種を取り揃えていきますので、チェックして頂ければと思います。

こちらです(ページ上部のバナー「パチンコ解析機種一覧」をクリックしてもOK!)