bakamein.png.pagespeed.ce._sT3PWPyBk

大一『天才バカボンV!V!バカボット(甘デジ)』3月7日の週より開店!

スポンサードリンク

去年に新MAXとして登場したバカボンですが、早くも甘デジのリリースとなりましたね。

今回は遊べるようなスペックにしてあるということなので、スペック解析からいってみましょう!


【スペック解析】

バカボン甘スペック

初当り確率1/99の甘デジタイプですが、特に特徴は感じられないようなスペックになっています。

初当りは確変割合50%、そして非確変には時短50回がつきます。

時短50回というのも多く感じますが、STと同じ50回ということでしょうね。

ちょっとお得に感じちゃいます。

時短50回であれば引戻し率は約39.5%と高くなっていますね。


初当りからの連チャンモード突入率は、約69.4%!

一方連チャンモードに突入すると、ST50回転となるため、


連チャンモード継続率は約62.3%!

まさかまさかの突入率の方が高いという、ちょっと不思議なスペックですね。

連チャンモードの方が当然大当りラウンドは優遇されているものの、16R比率は10%しかありませんし、メイン大当りは6Rですが初当り4Rに対して2Rしか増えていません。

なかなかどうして爆発力がないのか…

…あ!ヘソの賞球が4個になってる!

これは盲点でしたね。

かなりまったり遊べるような設計になっていました。

ヘソ賞球が4個になるのは多分夏からだと思っていましたが、ちょっと先取りしたみたいですね。


【ボーダーライン(期待値)】

バカボン甘期待値

ボーダーラインは等価で19.4回、非等価で20~21回転あたりとなりましたね。

ヘソの賞球が上がったことで、なかなか玉が減らなくなったのが大きいですね。


【まとめ】

  • 天才バカボンの甘デジは、ヘソ賞球4個のかなり遊べるスペック!
  • ボーダーはたくさん回るせいで辛めに見えますが、そこまで辛くないです!
  • 時短50回でも4割引き戻せるので、遊べそうな感じがしますよ!