IMG_6440

大都技研『3×3EYES(甘デジ)』6月6日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

少し前にミドルスペックで登場したのですが、もう甘デジとなって再登場です。

基本的なゲーム性は変化なしなので、早速見ていきましょう!


【スペック解析】

改3×3EYES甘スペック

甘デジということで、初当り確率1/99となっています。

初当りの確変割合が約1/3と低くなっていますが、時短50回がついているため、


初当りからの連チャンモード突入率は、約59.7%!

連チャンモードに突入すると、ST20回+時短74回という高継続タイプに変貌します。

ST20回の引戻し率は約64.2%、時短74回の引戻し率は約52.5%となりますので、


連チャンモード継続率は、約83.0%!

連チャンモードはほとんどが3Rで純増170個と心許ないのですが、この継続率であれば、一撃の玉積みにも期待できますね!


【実戦シミュレーション『VS海物語3R』】

サザン甘比較

一番の安定力を持つという海物語3Rと比較してみると、突破型に近い性能を持っているだけに、一撃性能は高めとなります。

しかし10000発までは海に軍配が上がっているように、少し安定感に欠けているとも言えますね。

甘デジということもあり、劇的な差がついていないというのも、ポイントとなりそうです。


【ボーダーライン(期待値)】

サザン甘期待値

ボーダーラインは等価で20.7回転、非等価で22~23回転と、甘デジらしい設計になっています。

甘デジは新MAXなどに比べると利益率が低いため、もともと辛い設計になっていることが多いのです。

ぐるぐる回るくらいが丁度いいのかなと思いますね。


【まとめ】

  • ミドルに引続き、甘デジでもリリースが決定!
  • スペック性は同じだが、どちらかというと時短突破型寄り!
  • 一撃性能は高いものの、安定感に若干の難あり。
  • ボーダーはとにかく辛め!でも甘デジと考えれば標準的。