CR鉄拳2-パチンコ攻略

 ビスティ『鉄拳2闘神ver(新MAX)』8月22日の週にリリースか!?

スポンサードリンク

旧MAXタイプとして初代鉄拳が降臨したのは3年前のことでした。

パチスロでも出ているシリーズということもあり、かなりの爆裂スペックだったことを覚えています。

それからMAX規制が入ったこともあり、この鉄拳2においては1/319の新MAXとなりました。

格闘技最強とも名高い鉄拳ですから、やはりMAXタイプのイメージが勝ってしまうのでしょうね。

それでは早速スペックを見ていきましょう!


【スペック解析】

鉄拳2スペック

新MAXで1/319、確変割合は継続規制ギリギリの65%、そして確変ループで連チャンの最後となる非確変大当りで時短100回をつけるといった、まさに確変ループにおける最高継続率を攻めています。

その時代の最高を求めると言うのは、つまり格闘技における最強を求めることに等しいかと思います。

…が。

問題は初当りですよね。

確変割合が65%というのは変わりませんが、非確変では時短10回しかつきませんので、なかなか安心できないのが特徴です。

あくまで連チャンモード中の非確変にしか時短100回は適用されない模様です。

とはいえ、確変が潜伏するようなこともなく、確変を引いていれば次回大当りまで電サポがつきますから、非確変における時短10回は、


「実は確変を引いていたかもよ」ゾーンであることは明白です。

6R確変が53%、6R通常が35%ですから、6Rを引いた時の確変割合は約60.2%。

意外に確変割合が高いので、諦めるのは早計のようです。

一方、連チャンモードに突入できれば、新MAX最高峰の連チャンを体感することができます。

時短100回の引戻し率は約26.9%ですから、


連チャンモード継続率は約74.4%!

しかも16R比率が6割もあるので、上手く噛み合えばかなり高い一撃を魅せてくれそうですね!


【実戦シミュレーション『VS巨人の星』】

現在ホールで人気を博している巨人の星と勝負してみましょう!

鉄拳が確変ループであることに対して、巨人の星はV-STですからね。

どんな勝負になるのか楽しみです!

鉄拳2比較

おぉ…巨人の星を超えてきましたね…

鉄拳はヘソ賞球が5個(ビスティは三共の子会社のような存在)なので、一撃性能では勝てないと思いましたが、最高峰の継続率はなかなかのもののようです。

確変ループの意地を感じた勝負となりましたね!


【ボーダーライン(期待値)】

鉄拳2期待値

等価で18.5回転、非等価で19~21回転がボーダーとなります。

新MAXで考えると標準ですが、ヘソの賞球が5個となっているため、分単位のヘソ入賞は低くなります。

あまりヘソに入ってないなぁと感じるかもしれませんが、ちゃんと1000円あたりのボーダーをチェックしていれば、気にする必要はありません。


【まとめ】

  • ビスティが繰り出す、鉄拳の後継機はやっぱり鉄拳!
  • 新MAX最高峰の継続率を誇り、一撃性能は申し分なし!
  • ボーダーは新MAXとしては標準なので、回転数を常にチェック!
  • ヘソの賞球は5個のため、あまり入らないという錯覚に注意!